訃報:Keith Emerson

 EL&P(Emerson, Lake And Palmer)やThe Niceのキーボーディスト、キース・エマーソン(Keith Emerson)さんが3月10日、米カリフォルニア州サンタモニカの自宅で亡くなられました。享年71歳。詳しい死因は不明。 とある信頼できない筋の情報だと、拳銃での自殺???。  ご冥福をお祈りします。  個人的な話で恐縮ですが、最近又EL&Pなん…

続きを読む

バンド活動あるある⑬カバーバンド編:中編:原曲何処へ?CREAM

 しろあんことはよく言ったものでw。 王様、相変らず英語の苦手なオヤジの見方ですw。 さて、このカバー編、私の独断と偏見wでバンドを紹介していきます。自分がある程度詳しくないと書けませんからね(汗)。 殆どが1960年代にデビューしたバンドです。 尚、私産まれていても幼稚園入いる前の記憶は殆どありませんw。 今日紹介するのは、黒人Bluesからのカバーと言えば、このバンドは絶対外せません。CRE…

続きを読む

BOSS EH-2 Enhancer(鳴らしてみた)

 さてBOSSのエンハンサー、今回もいろいろ鳴らしてみました。 早速ですが今回のジャッジメントですの!は、  高出力のハムバッキングP.U.を載せている、又ボディーが箱構造なので倍音が期待出来る?GIBSON ES-335さん、  Burstbuckerを載せつつ高出力!GIBSON Les Paul 2003モデルさん、  Buestbuckerより出音が若干小さい490R&498T:P…

続きを読む

BOSS EH-2 Enhancer 倍音増幅器(製品説明)

 さて、縁の下の力持ち系エフェクターが続きます。 これは「同じエフェクター」カテで紹介します。 尚、長くなるので(汗)実験記は明日上奏します。  このエフェクター、製造開始が90年4月、98年12月まで製造されたそうです。 尚拙宅には3台います。 これ、ギター生活が復活するまで知りませんでした(情けない・・・)。 どういうものかといいますと、倍音を増幅してくれる機械です。 初心者の方は「倍音」…

続きを読む

レコード会社に物申す!

 いきなりでなんなんですが、拙宅にあるC.C.R.のCDはこれだけです。 他のモノは所謂Vinyl-Ripで楽しんでましたです。 先日魔窟から を引っ張り出したところ無性に聴きたくなり(このところZappaとか聴くことが多く、シンプルなモノ(決してC.C.R.はシンプルでカテゴライズされるとは思っていませんが))が聴きたくなり、これらのCDを探し出し聴いていた時の事です。 今更ですが、この紙ジャ…

続きを読む

BOSS CS-1,2&3 Compression Sustainer(比較記)

 さて、今回も地味な、縁の下の力持ちが続きます。 今回は前回紹介したCS-1の後継機、CS-2とCS-3を比べてみました。 CS-1の心臓部はフォトカプラー、CS-2からはVCAに変わるそうです。  いつものこの本にありました。 音への追随性がかなり改善されたそうです。だそうです。あまり良く判っていません(汗)。 まずはそれぞれの機種を紹介します。 CS-2から行きます。 入手経緯なんですが、…

続きを読む

バンド活動あるある⑫カバーバンド編:中編:原曲何処へ?Rolling Stones。

 これ、1曲目が「Route66」ではなく「Tell Me」なんですね。 GS等で有名な曲を持ってきた、と。こんなことが許されたんですねw。 70年代の国内盤、珍品?です。  決してこのカテゴリ忘れていたわけではありません(キリッ!)。 確かにカテが広がり過ぎて、自分の中で整理出来なくなってきていることは否定出来ませんが。。。。 カバーと言えば、Stones!? ということで、今回はSto…

続きを読む

BOSS CS-1 Compression Sustainer(比較記)

 さて、休日は思いっきり実験?が出来ます。 オマエが言うか!という突っ込みは無しでw。 BGMは上原ひろみさんのSPARKです。 これ、アコースティックギターと男の声で歌が入ったら、EL&P再結成って言われても判らないですw。方向性変わったのかな?って。日の浅いファンはこれだからもうw。 尚ZAPPAと続いています。もう訳判りませんw。 Shut Up 'n Play Yer Guita…

続きを読む

ARIA PROⅡ TE-500N BACKAROO

 やっと「自分の」ギター編が終わります。 このカテ、残りは拙宅にある「私のモノでは無い」モノを紹介します。 これもあまりネットで情報無いギターですね。  今回は、アリアプロⅡ、バックアロー(と読むんですか?)になります。 BUCKAROO(カウボーイ)→BACKAROO、とスペルミスのまま出荷されてしまったのか、それとも造語なのかは今となっては判りません。 所謂、Fender Thin Lin…

続きを読む

私的:音楽の出発点(後編)

 まさか、このレコードを必要としている人がこんな近くにいたとは! 拙宅の大BOSSです。マンガ全巻持ってきました。「サントラ聴いたことがない。きゃー!」とのこと。。。。 私は秋元のヨメになってしまう人に狂っていたんですがw。女子医大病院の隣まで行ったりしましたw。 この曲をマジメに採譜したりして(勿論完全に、なんて出来ませんでしたが)、歌謡曲の奥深さに気付いたのは収穫だったと思います。アレンジっ…

続きを読む