花粉症:いまだにスギは植林され続けてる!

28144045173.jpg
 今日は花粉症ネタです。
 先日、目に痒みでなく「痛み」が走り、近医を受診。結果花粉症の症状でした。
 ここ数年コンタクトやめてメガネにしていたので、目の知覚が正常に戻ったのも原因の一つかもしれません?。
 既に鼻炎の症状は15年前から出ていたのですが、今年は思ったほど鼻つまりが無く、「もう薬飲まなくて大丈夫かな?、断薬しようかな?」と思っていた矢先のことでした。

 薬飲んでいても新しい症状って出るものなんですね。
 今は新しく貰った薬で症状治まって、なんとかなっていますが。
 先日、TV「世界、ふしぎ発見」でも乳酸菌の花粉症への効能が取り上げられてました。
 なんだか「ためしてガッテン」みたいな内容でしたw。

 それで、今回は少し楽しましたです。
 ネットで調べた情報のみで書き上げます。

http://matome.naver.jp/odai/2142730623686562101
 こんなまとめサイトがありました。

 花粉が増えている理由として、国、農水省側の責任!を挙げてみると、
・有名な話ですが、本来スギを育てるには成長途中で発育の悪い木を「間引く」必要があるのですが、然るべき時期に何もしない山林が増えており、痩せたスギの木自体が花粉を大量に出すようになっている(これには予算も取られているはずです)。
・花粉症対策?されたスギの植樹は進まず、現行種の植樹が1600万本/年、新たに植え
続けられている。
rw101.jpg
等、なんだかお金のニオイがぷんぷんしていませんか?。

 確かにスギという木は、他の木よりも2酸化炭素の吸収率が高いなど、温暖化防止の為にある程度の量は必要みたいですね

 管理人は地球温暖化防止をうたうビジネスのかなりのモノが、あやしいモノと感じています.

 ただ、国民の1/3が花粉にアレルギー体質を持っている限り、これは医療費にも跳ね返ってくるわけです。昨年度の国民医療費は40兆円!うち薬剤費は10兆円。5年前は30兆円&6兆円でしたから、ここ数年で凄まじく増えてます(新しい抗癌薬のせいだけではないですよ!TV局さん!広告うたない会社を公共の電波を使って脅す(スポンサー収入欲しさに)のはいい加減やめましょうよ。)。
 その医療費の1/4は税金が投入されています。

 私はまだ症状が軽い方ですが、ステロイドを投与しないと症状が改善しない重症の患者さんもかなりおられますし、上記サイトですと、発症の低年齢化が進んでいるそうですね。
 昔、花粉症は「コップに水がたまり、あふれたときに発症するので個人差がある」などという言い方をされてましたが、これでは低年齢化のことは説明出来ません。

 又ミックジャガーも日本に来ると花粉症を発症するそうです(来日はいつも2月or3月ですからね)。
 つまり、我が国の環境自体かなりヤバいことになっている、と。
 隣の国のPM2.5をどうこう言う前に、まず我が国ですること、出来ること、いろいろ調べる必要がありそうです。
 急を要する福島の復興事業の仕組みを見ると、これに関しても複雑怪奇なお金の流れをしているかもしれませんね。
fukushima_1316.JPG

 次世代に残してはいけない、負の資産ですね。

 今日は毛色の違う内容にしてみましたです。
 明日から又正常運転に戻ります。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。


"花粉症:いまだにスギは植林され続けてる!"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。