BOSS CS-1 Compression Sustainer(比較記)

BOSS_CS-1_0509.JPG
 さて、休日は思いっきり実験?が出来ます。
 オマエが言うか!という突っ込みは無しでw。
 BGMは上原ひろみさんのSPARKです。
 これ、アコースティックギターと男の声で歌が入ったら、EL&P再結成って言われても判らないですw。方向性変わったのかな?って。日の浅いファンはこれだからもうw。
 尚ZAPPAと続いています。もう訳判りませんw。
 Shut Up 'n Play Yer Guitar
 この邦題、一度言ってみたいものですw。バンドの友人全て失くしそうですが。

 さて、今日は縁の下の力持ち、ある意味マニアック、BOSSコンプの初号機を紹介します。
 コンプ&サスティナー。簡単に言えば音量を均一化してくれるモノです。
 コード弾きからソロ単音に変えると、単音が前に出ます。
 又アタック音を強くしたり、サスティンを伸ばす事が出来ます。
 特にベースの方、チョッパーと指弾きを両方される方は必需品ですね。
 このモデルは1978年4月から1982年2月まで約4年間製造されたそうです。
 色々あって、拙宅には後年購入したモノが2個います。

 その2個ある理由はあとで、2個の製品自体を紹介します。
 まずはTOP写真右側、銀ネジさん(右側)から。
 入手元は毎度お馴染みヤフオクwです。。
・意地
・コレクター観点
・興味本位
・????、なんじゃこりゃ?(2個目)
による入手でした。

BOSS_CS-1_Silver_0515.JPG
 これだけオマケが一杯。しかもデッドストック?。無茶苦茶綺麗です(ですのであまり人気の無いこの機種でも結構しましたです(大汗))。

BOSS_CS-1_Silver_1270.JPG
 スタンプ表示でロット№は、10000番。そういえば「キリ番」って死語だそうで(汗)。
 電池スナップの穴は四角く、更にスイッチの脇に配線用?の穴が開いています。


 続いて黒ネジさんの紹介です。
 傷だらけで、百戦錬磨、修羅場を潜り抜けてきた?凄みがあります。
 これもヤフオクw、本体のみの入手でした。

BOSS_CS-1_Black_1271.JPG
 シール表示で、№117300。こちらは電池スナップの穴が丸い上、スイッチの脇の穴はありません。

 それでは比べていきます。

BOSS_CS-1_1272.JPG
 踏むところ、フタの裏側です。銀ネジさんはスイッチ用?に少しへこみがあります。

BOSS_CS-1_1269.JPG
 銀ネジさんは3期のモノとのことで。
 で黒ネジさんはシールが剥がれてありませんが、BOSSのマークが淵の大きさの割りに小さいところから、1期のもの?なんでしょうか?

BOSS BOOK.jpg
 一応この本の情報です。

BOSS_CS-1_1273.JPG
 右が銀ネジさん、左が黒ネジさんです。同じ?、違いが判りません。

BOSS_CS-1_Silver_1275.JPG
 銀ネジさんのオペアンプ。

BOSS_CS-1_Black_1276.JPG
 黒ネジさんのオペアンプ。
 両方とも東芝製、TA7136APが搭載されています。

BOSS_CS-1_SIlver_1279.JPG
 銀ネジさんのポッド。

BOSS_CS-1_Black_1277.JPG
 黒ネジさんのポッドです。スタンプされている文字が違います。詳しく説明できなくてすみません。。。。

BOSS_CS-1_1280.JPG
 それでいつものアダプター相性です。
 ACAアダプターでは煌々とLEDが灯りますが、銀ネジさんの方が若干明るいです。

BOSS_CS-1_1281.JPG
 PSAアダプターでは明らかに明るさが変わりました。一応音は出ます。


 それで入手経緯です。
 まず、銀ネジさんを入手しました。「噂のパコーン!」音を期待して。
 早速ギター繋いでみたんですが、まず真っ先に感じたことが、
「出音が小さいぞ、これ!」
 コード弾きだと、生音に合わせるのにLEVELをMAXにしなければ音が釣合わないんです。なんじゃこりゃ?。不良品だからオクに出たのか?と。
 それで確認したいが為、もう一台購入に踏み切り、2台いる、という訳です。
 結果ですが、この出音が小さい、というのは仕様だったようです

BOSS_CS-1_1282.JPG
 二つとも、LEVELつまみをMAX、この様にしないと使えません。単音でもかなり音が下がり、コード弾きでは絶望的な位音量が下がります(糸色 望なんて名前、良く思いつきましたねw。余談ですみません。娘が大笑いしながら読んでいます)。
 で、折角ですので出音を比べてみました。

 今回のジャッジメントですの!は、

IMG_6614.JPG
 コンプでコードカッティングと言えばストラト。ですのでギー子ちゃん(Squire Bullet 2006)と、

Guyatone PS-011_9419.JPG
安定のMarshall MG-15さん、キミに決めた!
 モードはクリーンです。

 で、いつもの如く最初からクライマックス!では無く結論なんですが、
 銀ネジさん:意外とCS-2の様な音。ただ出音小さし。
 黒ネジさん:パコンパコンいいまくり!
 意外な結果でした。回路殆ど同じなのに。ネジだけで判断すれば、黒ネジさんの方が新しいのに。オペアンプの差、なんですかね?
 尚このNormal&Trebleつまみ、Trebleにしないとかなり音が篭りますね。
 銀ネジさんは黒ネジさん程パコンパコン言わない上、更に出音が小さいので「なんじゃこりゃ?」と感じたのかもしれません。
 又、サスティンに関しては双方同じで、つまみ1時頃からアタック直後のダウン&アップ症状が出てきます。かなり強引にw、ぐぉーんと上がります。


 しかもこのパコンパコン、ほんのコンマ数秒ですが遅れて鳴ります。
 (上の本にも音が遅れてしまう旨書いてあります)
 弾く→コンマ数秒後パコン!→音量ダウン(0.5秒位)→サスティン(ぐぉーん)とイメージして頂ければ。+音の篭り&低音痩せ。
 ですので、現在のコンプとしてはちょっと使いにくいかな、と。
 飛び道具的に使うのは面白いかもしれませんが、いつも持ち歩くものではないですね。
 この80年代的な電子音を期待されるならば、ご購入を検討されても宜しいかと思います。
 ただ、機体によって出音が違いましたので、試奏されてから購入されるのをオススメします。

 又長くなりましたので、後続機種のCS-2と現行機種CS-3との比較に関しては次回以降UPします。

 今回もお付き合い下さいまして有難うございました。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

"BOSS CS-1 Compression Sustainer(比較記)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。