GIBSON LES PAUL LPJ 2013 MODEL(P.U.交換してみた)

 さて、先日現在金欠病罹患中と書きましたが、これは小遣いが少ない割りにイロイロギターパーツの買い物をしているからでありまして、又、ヤフオク等で極力安価なモノを優先して購入していますので、一つのギターを集中して修理することがなかなか出来ず。。。。 交換用部品のみが増える、という悶々とした状況が続いている次第です。 それでですが、この度このギターの為に「はんだ」を使わなくても交換できるQuick-C…

続きを読む

Greco-SA-64-60 ハードウェアの錆を取る!

 さて、なんとかネックの反りが治り無事に弾けるようになったこのギターなんですが、やはり、どうしても「ハードウェアの錆」が気になって仕方ありません。 ブリッジにミュートの為に手を置くと、錆独特のざらつき感が付き纏います。 尚、現在私は大変恥ずかしながら、人類創世期から存在している病、金欠病に罹患しておりまして(汗)、ハードウェアを全てGOTOH製のクローム仕上げのモノに交換したかったのですが、予算…

続きを読む

Fender Japan Telecaster Custom '72(SWITCH交換)

 さて、今日はこのギターの紹介のところでも書きましたが、このギターの弱点、P.U.セレクタースイッチを交換しました。。  Telecaster自体、シンプルなサーキットで操作性の良さが売りの一つなんですが、あまりにシンプルな為、弱点?がありました。 それは2つ付いているP.U.を細かく調整出来ない、ってことなんです。 それを克服したのが、Hum.P.Uをネット側に載せた'72 Customモデ…

続きを読む

私説:Keith Richards Open G考 後編:直列!

 これは拙宅のモノです。  さて、早速改造です。 図面が付いていましたので、作業は楽チンと思っていましたが、如何せん苦手な英語。  ネットで探したら、これ以上に詳しいサイトさんがありました。 Kanさんのサイトです。掲載許可ありがとうございます。 http://blog.livedoor.jp/kantarosato/archives/51163202.html  コメ欄など大変参考…

続きを読む

私説:Keith Richards Open G考 中編:鳴らしてみた

 ネットで拾ったのですが、ホンモノ、なんでしょうか? すみません。又長くなるので(汗)、勝手に中編を作りました。  まず、前編で触れましたが、Keithの5弦Teleなんですが、PUセレクターは全てリア(ブリッジ側)にあり、何故フロントにハムを載せているのに使わないのか不思議でした。  それで今までは写真通り、リアPUで音を作っていました。  雑な写真ですみません。 BOSSのPW-2(中…

続きを読む

私説:Keith Richards Open G考 前編:事実確認

 ご注意!:今回はタイトル通りとてもニッチで、かなりマニアな内容です。  入院中、松本清張を読みまくったせいか?仰々しいタイトルになってしまいましたが、要はkeithの音作りを考えてみよう!出来るだけ安易に同じ音(近い音)を出してみよう!というだけです。 手元にある機材や映像などを使い、何とかやってみます。  Keithと言えば、Open G。5弦ギターが有名ですね。 今回はこの、最近のKe…

続きを読む

GRECO SA-64-60 修理記

 さて、舌の根も乾かぬ?うちに、同じギターの話です。 何気にロゴ、印刷ではなく貝だったんですね。  ネック修理の為色々調べていたら、ネックの反り治しに、アイロン方法(適度な湿度&熱をかける)というのがあるというのをネットで見かけ、そういえば、昔ROSE指板にオイルべったり塗ったら一時的に治ったよな?  と、早速合わせ技を実行してみました。 その前に、以前瞬接で付けたナットを取りました…

続きを読む