FERNANDES FGZ-420 SBS

FERNANDES FGZ-420 SBS_8989.JPG
 さて、今回はタイトルに自信がありません。正確な型番が判らないんです。。。。

FERNANDES FGZ-420 SBS_8672.JPG
 送料込み2本で5000円。ケース無し。
 長くなるので又レジュメを切りますです。

①入手動機&経緯
②製品紹介
③お掃除
④問題点

①入手動機&経緯

 先日自分のギターを購入したのですが、その数日前に、これは!とヤフオクで無茶苦茶安値の付いたジャンクギターを発見し、購入してしまいました。
 第一目的はレフティーのZo-3でした。
 「家族でZo-3ズ!」には欠かせない?ものでしたので、言い方は悪いですがこのギターはオマケでした。
 Zo-3の方は後ほど紹介します(復活させるのにZo-3の方が経費がかかりましたです)。
 今回ご紹介するのはこちら、FERNANDES製のFGZ-420 SBS。

②製品紹介

 私はFERNANDESは余り詳しくないので、2001年のカタログを転載します。
こういうモノをWEBに上げて下っているFERNANDES社の姿勢はとても好感が持てますね。容量削減の為画質を落としています。詳細をご覧になりたい方はOfficial Webへ是非ともどうぞ。
FGZ-400_2001.jpg

以下メーカーインフォです。
 究極のハイコスト・パフォーマンスを実現させたFGZ-400。ボディーにはアルダーを使用し、ルックスのシャープなイメージをそのまま音に再現する。上位2機種同様、ボディー・トップには3次元アーチド・トップ加工が施され、一層の高級感を与えている
ARCHED TOP
 従来、この価格帯では考えられなかった3次元アーチド・トップ加工がFGZシリーズには施されている。
見た目の華やかさだけでなく、演奏製の面でのメリットも十分に考慮された設計となっている。
○SPEC
●NECK : Maple,648mm-Scale,Bolt-On
●FINGER BOARD : Rosewood,22F,350R
●BODY : Alder 45mm,Graphic Finish(Basswood?)
●PICK UP : DS-9×2,VH-51
●CONTROL : 1Volume,1Tone,5Way-Switch
●BRIDGE : FER-ST-P
●FINISH : SBG/VRG/RBG/SBS
*WEIGHT : 3.3kg(拙宅計測)
*TUNER : GOTOH SGM(他サイト情報。未確認)
●PRICE : 40.000(2001年当時。現在は生産終了みたいです)

 所謂ビギナー向けのギターみたいです。
 このシリーズ、1998年頃から作られたようで、このカラー、420SBSは1999年からカタログに登場しています。尚発売当時のボディーはバスウッドみたいで、2000年頃からアルダーに。又ハードウェアがゴールドなのが420、ブラックなのが400だったそうです(価格差:金銀の差2.000円)。
 ただ上記2001年のカタログには「400」で統一され、ブラックハードウェアのモノは姿を消しています。この時期はもうアルダーになっています。

 尚Zo-3しかりこの時期のフェルナンデスのギターはシリアル表示の無いものが多いらしく、このギターも多分に漏れません。
 つまりはこのギター、420だか400だかは今の私には判りません。
 一応420とさせていただいてますが。
FERNANDES FGZ-420 SBS_8740.JPG
全く表記なし。

FERNANDES FGZ-420 SBS_8741.JPG
 このネックスタンプは木のグレード?で、シリアルは関係ないかと。
 ただ、拙宅に来てくれたモノは、ジャンクだけあって「どうしてこうなった」感が否めません。

・アーム欠品
・TONEポッド破損(つまみが抜ける。ポッド自体が死んでいる)
・ヤニ&ほこりまみれ
・錆だらけ

・アーム欠品
 以前YAMAHAのSESSIONを購入した際、ハドオフで210円で購入したモノが「銀色」ですがサイズが一緒なので流用できました。
・TONEポッド破損
FERNANDES FGZ-420 SBS_8692.JPG
 前のオーナーさん、PUSH&PULLタイプと勘違いして思いっきりひっぱっちゃったんでしょうか?。
FERNANDES FGZ-420 SBS_8745.JPG
 ポッド自体は小さいタイプで、ハムバッキングP.U.は2芯でした。ポッドは同じ大きさのモノが魔窟にあったのですが、250kΩではなく500KΩ。無理矢理付けたところ一応通電はしたのですが、TONEの可変が10or1になってしまいました(スライダー機能が使えなくなりました)。これは要交換ですね。


③お掃除

・ヤニ&ほこりまみれ
・錆だらけ

 さぁ、お掃除の時間です(涙)
 ここのところピカール良く使ってる為か、指先の皮が良く剥けます。
 毎日ギターを磨いておられる中古屋さん、頭が下がります。
 ギターポリッシュも在庫が無くなって来ました・・・・

 このギター、ハードウェアがメッキで、その上に青錆が付いているんですが、「メッキの錆撮りにピカールが使えるか?」という実験台になってもらいました。

・フレット
FERNANDES FGZ-420 SBS_8732.JPG
清掃前

FERNANDES FGZ-420 SBS_8743.JPG
清掃中

FERNANDES FGZ-420 SBS_8997.JPG
清掃後

・ペグ

FERNANDES FGZ-420 SBS_8700.JPG
清掃前

FERNANDES FGZ-420 SBS_8991.JPG
清掃後

・ブリッジ

FERNANDES FGZ-420 SBS_8694.JPG
清掃前

FERNANDES FGZ-420 SBS_8992.JPG
清掃後

 ふぅ。何とか使えるようになりました。

 それで以下は簡易清掃でどうにもならなかったところです。
FERNANDES FGZ-420 SBS_8699.JPG
ネック裏の汚れ
FERNANDES FGZ-420 SBS_8696.JPG
多数の打痕

これはゆくゆく、何とかしようと思います。

④問題点

 メッキは錆の酷いところは剥がれてしまいましたが、錆が浮いているよりは良いか、と。
 それでこのブリッジなんですが、
FERNANDES FGZ-420 SBS_8993.JPG

FERNANDES FGZ-420 SBS_8990.JPG
 スプリング3本入っているんですが、デフォで浮いています。
 チューニングが簡単に狂いそうでコワいんですが。

 それで肝心の操作性です。
 スチューデントモデルだけあって滅茶苦茶弾き易いです。
 ルックスも悪くないですし、アーミングも嫌味無く掛かりやすいです。
 何よりハイポジションでの運指が無茶苦茶楽チンです。

 欠点を上げれば、P.U.ですね。
 音が割れやすいかな、と。多分ハウり易いのではないか、と邪推します。
 これはこのギターの価格帯からしたら致し方ないか、と。

FERNANDES FGZ-420 SBS_8746.JPG
 GIBSONカテで紹介したLPJ2013の様に、Pick UPカバーがピックに当たる「カチカチ」音が気になります。
 P.U.のプラカバー外しちゃった方がいいかもしれませんね。
 前前回ご紹介しましたが、何故かこの時期に拙宅にダンカンの4芯のハムが来たのですがw。どうしましょう?

 指を咥えて見ている奴がいましたので、このギターは倅の誕生日プレゼントになりました(中古モノばかりでスマン!)。
 しっかり練習して弾きこなして欲しいモノです。
FERNANDES FGZ-420 SBS_8759.JPG
 取り敢えずなんとか、復活出来ました!
 今回も最後まで御付き合い下さいまして有難うございました。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック