バンドあるある:番外編:最近の軽音部

61455.png
 さて、先日ひょんなことからアマチュアバンドの野外コンサートを観させて頂きました。
 高校生の某軽音部の方々の演奏でした。
 色々思うことがありましたので、このカテで長文!思いっきり書かせていただきます。

 その、某「軽音楽部」さんの音を聴かせてもらったのですが、下記3点、

①ギターの音作りが壊滅的
②MCという概念が無い
③後輩は「さくら」×学院○要員w

・先輩がいる
・顧問が来ている
・P.A.にきちんとした方がおられる

のに、上記3点非常に残念に感じました。
 演奏自体は、まぁ・・・という感じでした。

良かったと思える点は一つ。
●全てのバンドが観客の知っている曲(アニソン)を演奏している

でした。私は知らない曲でした(私もまだまだのようですw)。

 この点は大変共感できました。私が学生の頃は自分たちが演奏出来る曲を「聴け!」と(汗)。
 この奢った考えで年老いた我侭オヤジもさすがに見習わなければならないと思いました。
 まぁ、当時の歌謡曲はアイドル全盛。演奏も難解でしたので、そうならざるを得なかったか、と言い訳です。。。。
 ただ古いロック、パンクやメタルって、演っていてキモちEんですよね・・・・・
 一昨日書いたAC/DCなんて、若い頃(カラダが動く頃(涙))一度は演りたかったです。
 まず、自分が「ノレ」ますからね。
 高校時代、レベッカやオフコースのコピバンを手伝ったことがあるんですが、ノリ方が判らず困ったこと・・・・

 世の中全ての「軽音部」がこのような状況だとは思いませんが、敢えて苦言を呈しさせていただきます。

①ギターの音作りが壊滅的
 P.A.は良かったです。問題はアンサンブル&音作り双方です。

・アンサンブル:レスポールとストラトのツインギターのバンドがありました。レスポールさんがソロを弾きました。ソロの後、ボーカルパートでもレスポールさんがストラトさんを差し置いてソロの音作り&音量でコードカッティングを続けました。「騒音」でした。ここはストラトさんが居るんだからレスポールさんはソロの後弾かなくても、と。若しくは「音下げろ!」と。

誰か教えてあげて下さい。

・音作り:BOSSのマルチエフェクター(以下マルチ)を使っている方がおられました。この方もレスポールでした。ただ出音はもこもこでした。
 野外なんですから、室内と音響環境は違います。マルチはこういう時余程詳しくないと足手まといになります。ぶっちゃけ2~3曲のステージだったらオーバードライブ一つで演れます。

誰か教えてあげて下さい。

②MCという概念が無い
・ただ出てきて1曲演奏して無言で撤収したバンドがありました。なにがしたかったんでしょう?
・2曲演奏したバンド、曲中3分位全くMCは無く、「次のバンドかな?」と思ったら曲が始まり、「これで終わりです」と撤収していきました。
・とあるバンド、「この曲は~」と1分位次の曲について話されてました。機材トラブルとかでは無かったみたいです。コピー曲なんですがそんなに解説が必要でしょうか?。

誰か教えてあげて下さい。

③後輩は「さくら」×学院○要員w
・客席の仕込みは必要だと思いますが、ステージからマイク使って「1年、振り付けしっかりやれよ」とまで命令口調で言わなくても。。。。

誰か教えてあげて下さい。

 いやぁ~、「観客」になると色々なことが見えて来ます。
 勿論、自省の意味を多分に含んでいます。

 ここで???と思ったのは、
・顧問が来ている
・先輩が先輩風吹かせている癖にステージング(音含む全部)がだらしない
の2点です。

 先輩後輩の上下関係がある組織だったら、義務と権利と責任は付いてまわると思います。
 1年生(今回は演奏しなかったみたいです)が演奏している時、「先輩」は当然客席を盛り上げるんでしょうねw。
 音作りとかステージングとか、先輩が後輩に「盗んでみろ」ってカッコイイことしてくれるんですよね?
 その先輩がMC一つ満足に出来ないとか。日頃部室で何をやっているんでしょう?
 後輩が可哀想に感じました。

 そりゃぁ確かに高校生です。先輩だって知らないこと沢山あって当たり前です。
 ただこんなステージしか出来ない先輩の情けなさ。

 続いて顧問は何をやっているんでしょう?
 部活に顔出してます?アドバイスしてます?
 こういう無能な顧問の下にいる生徒が本当に可哀想です。
 ステージから「先生!」って言われてはしゃいでいた貴女!、ミジメな演奏をしている生徒を見て何とも思わないんですか?
 「ミジメ」かどうかも判らないんですか?
 それとも生徒(他人)がカッコ良く演奏すると嫉妬しちゃうひとですか?
 顧問は貴女だけなんですか?判らないなら他人に教えを請うべきでは無いですか?
 ほんと貴女は民間採用or非常勤の出来る奴を欝に追い込むコネ採用の無能公務員そのままですよ!!!

 Sawako&Mio-960x720.jpg
 お笑い担当だと思っていた(失礼!)「けいおん!」のさわ子先生って何気に凄い人だったんですね!


 心から、部員の方(特に1年生)全員が可哀想に思えました。
 自分のパートが満足に演奏出来ない人には全く同情しませんが。
 そういえば「個人の」練習不足をMCで詫びている人もいました。もう誰か教えてあげて下さい(怒)。

 先輩だって人間ですから、失敗は付き物です。こういう日もあるでしょう。
 ただ、技量向上の為勿論録音して、プレイバックさせているんでしょうね?先生!
 貴女手ぶらみたいでしたけど、ビデオも廻しているんでしょうね?固定カメラ見当たりませんでしたが。
 本当に生徒さんの事考えてらっしゃるんですか? 

The Sakura-ko is Alright.jpg

 と、遠くから吼えているだけでは余りにもみっともないので、一応拙いながら処置案を。
 プレイバックの必要性は、拙ブログの過去ログをご覧になられてください。

①ギターの音作りが壊滅的
・野外と教室(室内)では全くアンプの出音が変わります。ギターの場合、野外は中音が響く割に高低音が消えます。ですので「ドンシャリ」セッティングをお勧めします。わからない方はググってみてください。
 ただ風が強い時は中低音をある程度響かせたほうが音が締まることもあります。

マルチエフェクターを使うなら、アンプは絶対クリーンモードにしましょう。アンプによって歪み方は全く違います。又野外やパッケージショー、慣れない環境は初めて使うアンプなら尚更です。当日セッティングの時間にマルチのプリセットを書き換えるだけで下手すると数分ロスします。ですので基本的な音作りはアンプではなく、マルチやアンプのEQに頼らずに、マルチの後にグライコ(グラフィック・イコライザー:中古ならば7バンドのモノが5千円以内で入手可能)を付けて、グライコで速攻で音つくりできるように慣れておきましょう。

・ギターが2本いるバンドは、弾き過ぎはダメです。クランチモード(歌のうしろ)時に2本の音が重ならない様きちんとアレンジしましょう(しっかりリズムがあっているのならば、音色の違うギター同士のダブルクランチは凄まじくかっこいいです)。
 これら、バンドの中で一番早くセッティングが終わる人、ボーカル、ベースの人等が客観的な目で見て聴いてギタリストに指示を出しましょう。又ギタリストはちゃんと従いましょう。


②MCという概念が無い
・絶対に一度はプロのバンドを見て学びましょう。ライブで。TVではダメです。MCはカットされますから。ライブ会場で自分が観客になり「体感」しましょう。
 外タレだって、ミック・ジャガーは殆ど日本語で話しますし、ポール・マッカートニーはスクリーンに同時通訳さんが日本語でタイプしてくれます(最近は日本語でMCするそうですね)。
 せめてバンド名と、最後の「ありがとう」位ははっきり元気良く言いましょう。最低限の礼儀です。
 どうしても話すのが苦手ならば、BABYMETALみたいに紙芝居をするのも一つの手段です。
 以前書きましたが、「お客さんに楽しんで貰って」ナンボ、です。ライブは。MCはバンドで一番評価されるところと言っても過言ではありません。
 カラオケBOXで思いっきり自己陶酔して周りを引かせている人、次誘ってもらえますか?。そういうことです。
 演奏会だって同じです。「LIVE」と付くからには、さらに会場毎の柔軟性が要求されることを忘れずに。

③後輩は「さくら」×学院○要員w
 私は上下関係は否定しませんが、行き過ぎた主従は苦手です。特に年上の年下への責任転嫁&放棄は大嫌いです。今回の件はそのように見えました。義務と権利と責任、それだけです。理解してますか?

 取り敢えず、「オレの若い頃は~」的な書き方は避けたつもりですが。
 要は「もう見たくない」と思ったんです。このイベント。あまりにバカ過ぎて。
 時間の無駄でした。学んだものは上記ひとつだけ。ここじゃなくても学べることです。
 結果としてディスる内容になっているので、このイベントがいつどこで?は書きません。
 判る方、向上心のある方のみに伝わって欲しい、と思います。

 愕怨祭など「クローズな場所」での仲間内の盛り上がりは否定しませんが、オープンな場での身内ノリは、他の観客を手放すことになります。最近のTVで良くある、雛壇芸人の身内ネタを面白いと思いますか?。さらに悪評は口コミで広がります。それは後輩が出る来年の動員数マイナスに繋がります。ひいてはこのイベントの運営自体を危うくさせます。
 少しはこういうプレッシャーも感じてくださいね。
 部室、ロハで練習出来る所、発表できる機会があるという感謝の気持ちを忘れていませんか?
 ロハで練習出来る所、発表できる機会があるっていうことは、当たり前の事ではないんですよ!
r!!di03_112.jpg

 こういうこと、きちんと教えるからこそ「教師」「先輩」って言ってもらえるじゃないんですかね?
 今でも職員室が嫌いなオヤジの戯言でした。

 今日も最後まで年寄りの戯言にお付き合い下さってありがとうございました。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック