AC/DC 2016欧州ツアー開始!

acdc_2016_001.jpg
 さて4/7から、AC/DCの2016欧州ツアーが始まりました。
 古くからのファンの方、複雑な想いの方も多いかと存じます。
 問題の?現在のメンバーです(年度は所属年)。

Angus Young : Guitar 1973-
Cliff Williams : Bass 1978-
Stevie Young : Guitar 1988, 2014-
Chris Slade : Drums 1989-1994, 2015-
Axl Rose : Vocal 2015-

 本当に「アクセルローズ」のAC/DCが始まりました。
 古参のメンバーはアンガスとクリフのみになってしまいました。
 ここ数年で3人も入れ変わってしまうとは!
 この大手術の中、クリスが戻ってきてくれたのは嬉しい限りですが。 

Brian Johnson(聴力障害)
Malcolm Young(認知症)
Phil Rudd(薬物使用/殺人依頼(!!!))

 初日(4/7 リスボン)は上手くいったみたいですね。さすがです。
 ツアー前、アクセル反対署名運動なんかも起きていたみたいですね。
 それに伴い、プロモーターもチケット払い戻しに応じているとか。

 それにしても、昨日の音が自宅で聴けるというのも便利な時代になったものです。
 当時VHSで探しまくったLet's There Be RockもYou Tubeで全部見れますし。
 先月ひょんなことから1981年の日本青年館のライブビデオ(東京12チャンネル放送!)を見つけ出し、久しぶりにCD引っ張り出して聴き直していたところに舞い込んだT.N.T.級の衝撃でした。

 STONESで散々判っていたはずなんですが、Rock Bandって健康第一なんですね。
 徹底して自己管理していても、ブライアンやマルコムは・・・・
 現実を突きつけられると何ともいえない気持ちで一杯です。

 私は今は批評よりも、新しいメンバーの音に期待しています。
 こんな状況になってもツアーに掛ける彼らの姿勢を学びたいと思います。
(勿論契約とか色々面倒なこともあったと邪推します。)

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック