BOSS CH-1 Super Chorus (比べてみたAnalog vs Digital。CE-3とも)

CH-1__1609.JPG
 さて、拙宅のエフェクターの中で、歪み系に続いて沢山ある(汗)揺れ系エフェクターですが、このあたりから個性がわからなくなってきます。
 勿論これもステレオアウト対応です。殆ど使いませんが(汗)。
 今日はBOSS CH-1、Super Chorusを紹介します。
 ネーミングは何でも「スーパー」と付ければ売れた(スーパードライ、とか)この時代の影響でしょうか?

CH-1_1914.JPG
 拙宅には2台います。写真写りが悪いのですが、右側のモノの方が色が若干濃いです。経年劣化でしょうか?
 このCH-1、89年の5月に発売、現在も生産継続されています。拙ブログCE-3のページでも書きましたが、CE-3が発売しているのに並行して発売されたという機種です。
 おなじChorusなのにCE-3と何が違うんでしょうか?(白々しいですかw)。

 まず、この四半世紀に渡る長期生産品。

CH-1_1716.JPG
 やはり違いがあります。
 これ、左側水色ラベルはアナログ回路、右の黒ラベルはデジタル回路なんです。
 同じ機種なのに、随分思い切ったことをされたものです。
 因みに両方共台湾製です。

 まずは青ラベル、アナログ回路のモノから見ていきます。

CH-1_A_1818.JPG
 何気にこんなところにシリアル№が。CB10748になります。

CH-1_A_1620.JPG
 基盤裏側はこうなっています。

CH-1_A_1622.JPG
 下方にBBDのようなものがありますね。

CH-1_A_1623.JPG
 MN3007&MN3101と2台。この3101の黄色い/(スラッシュ)はなんでしょうか?

CH-1_A_1625.JPG
 M521??

CH-1_A_2027.JPG
 M5318L

CH-1_A_1630.JPG
 M5223L
 3つ共三菱製のようです。


 それではデジタル製をみていきます。

CH-1_D_1631.JPG
 さすがヤフオク。なんでこうやってシリアル№剥がすんですかね?

CH-1_D_1632.JPG
 電池ボックスにもシリアル表示はありません。

CH-1_D_1633.JPG
 基盤裏側です。随分洗練された感があります。

CH-1_D_1634.JPG
 基盤です。アナログと全く違いますね(当たり前ですが)。

CH-1_D_1635.JPG

CH-1_D_1636.JPG

CH-1_D_1638.JPG
 もう全く判りません。すみません。

 それで、出音を比べてみます。最初からクライマックスです。
 今回もギー子(Squier Bullet 2006)ちゃん、ストラトで出音を比べてみました。
 ついでにCE-3さんにもご登場願い、3者比べてみました。

CH-1_1767.JPG

 まず、アナログとデジタルの違い、です。
 全てのつまみ12時での比較です。

デジタルの方が低音弦の「揺れ」が少なく感じます。
・その分全体的なChorus効果の掛かりは弱いかな、と。ほんの若干ですが。
勿論、E.LEVEL(MIX効果)つまみで調整可能です。
・つまりアナログの方が若干CE-3に近いかな、と。
 それでもう有名な話ですが、このEQ(イコライザー)つまみは、Chorus効果のかかる音域をコントロールします。つまり右(High)に廻すと高音域が強調され、左(Low)に廻すと低音域が強調されるようになります。
 つまり右に廻し切ると、かなり澄んだ音?になります。
 ただ左に廻し切っても、低音の揺れはあまり強くなりません
 結果として新しいデジタル機種の方が「スーパードライ」かとw。

 続いてつまみ12時でCE-3と比較してみました。

・ブライト感:CE-3の方がブライト感が感じられますが、これは音痩せにより澄んで聴こえるみたいです。実際高域の抜けはCH-1の方が透き通ります。特にEQつまみをHigh側に廻し切ったらCE-3に勝ち目はありません?。
・音痩せ:CH-1はCE-3に比べると中域が良く出ます。音痩せをあまり感じません。
・低音の揺れ:決定的なことですが、CH-1はCE-3に比べて低音が揺れません。特にデジタルのモノになると顕著です。クランチモードで低音弦のバッキングを弾き続けていても嫌味に感じません。

 つまり、CE-3と並べて販売する意義はあった、と。
 一応選択基準ですが、
低音弦まで揺らしたいならCE-3
中・高音域のみ揺らしたいならCH-1。
と結論付けさせていただきます。

 Analog vs Digital。これだけ回路が変わっても、ほぼ同じ音を出すBOSSの技術力に脱帽です。
 又新しくなるに従って音がクリーンになっていっていることも特筆すべき点です。
 続いてこのカテ、次回はCE-5、Chorus Ensambleのアナログとデジタルを比べてみます。

 今回も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント

  • サリ

    大変興味深く見させて頂きました!

    しかし、音を聞き比べる時、3台を直列で繋げると厳密には正しい比較にはならないと思うのですが・・。
    トゥルーバイパスのエフェクターであれば直列で良いと思いますが、この3台全てバッファードですよね?
    1台目のコーラスはギターからのハイインピの信号が入った音を聴いてて、2台目以降のコーラスは1台目のバッファーでローインピに変換された音を聴いてます。
    最初の信号がローインピなのか、ハイインピなのかで、かなり出音が変わります。
    頭に(ギターの直後に)何かバッファーを入れてれば良いのですが!もし、頭にバッファーをかませてたのであれば、余計な事を言ってすみませんでした!それでは^_^
    2017年12月11日 18:30
  • 管理人

    サリさん

    はじめまして。
    貴重な、とても重要なご意見ありがとうございます。
    確かに仰る通りです。。。。

    試した時、繋ぎ順を選ばないエフェクターは、一応つなぎ方を変えて音を確かめいるのですが。
    確かに3台、は、やりすぎかと反省しています。。。。
    又その旨記載すべきでした。
    拙い文章のせいでご迷惑をおかけして申し訳ありません。

    今後の貴重な糧にさせていただきます。
    どうもありがとうございました。

      管理人拝
    2017年12月11日 21:37

この記事へのトラックバック