レコード会社に物申す!

CCR-CD_1396.JPG
 いきなりでなんなんですが、拙宅にあるC.C.R.のCDはこれだけです。
 他のモノは所謂Vinyl-Ripで楽しんでましたです。

 先日魔窟から
CCR_1263.JPG
 を引っ張り出したところ無性に聴きたくなり(このところZappaとか聴くことが多く、シンプルなモノ(決してC.C.R.はシンプルでカテゴライズされるとは思っていませんが))が聴きたくなり、これらのCDを探し出し聴いていた時の事です。

 今更ですが、この紙ジャケ、プレミア付いてるのかな?なんて守銭奴丸出しの下衆の勘ぐりでamazonを調べてみて、

 唖然としました。
 このバンドもか!というのが今回の感想です。
 40周年記念エディションなるものが。
 所謂ボーナルトラック付き。
 Liveやらアウトテイクやら。やっぱりテープ廻してんじゃん!

 特に目が行ったのが、 Booker T. & the M.G.'sとセッションしてるですと!!!!
 ま、それだけなら購入してもいいでしょう。Bonusトラックの為に。
 ただ、本当にアタマに来たのが、所謂「小出し」
 1枚に1曲ずつ分割収録とか、もう。あきれてものも言えません

 これ買わせて、暫くしたらボーナストラック纏めて、しかもオマケ付けて又売るんですか!
 お得意のBOX SETですか?纏め買いさせるんですか?
何度同じもの買わせれば気が済むんですかね!!!

Exile on Main St._1397.JPG
(大事にしていた当時4200円で買ったCDが行方不明、、、LPで2枚、CDで3枚ありますです。マニアの貴兄からすればカワイイものでしょうが。借家のブルースの身の上からすれば、モノが増えるって大変なことなんですよ!)
 先日、StonesのExile on Main St.(写真右側)、所謂アウトテイクのみで構成したディスクを1枚オマケで付けたモノが全英1位を記録したことから何も学んでないんですね。
 これ、アウトテイクの分割収録、CD容量の空き時間を埋めるボーナストラック扱い(2~3曲収録)だったら多分そこまで売れなかったと思います。

 マニアは基本持ってますから。どんな手段で入手したか知りませんがw。

 アウトテイク、未発表曲をプロのエンジニアがしっかりMix Downして、尚且つ整合性?を持って纏めたからこそマニアは期待し、賞賛してDLではなくわざわざ円盤(DISCの事です)を購入したのではないか、と。結果好セールスに結びついたのではないか?と。
 因みに本作、オリジナル発売当時(1972年)は酷評だらけで1位は取れなかったそうです。
 不思議なこともあるものでw。
 まあ、相対的にCDが売れなくなっていますので、現在の1位と1972年の1位とは一概に比べられませんが。

 話は戻りますが、C.C.R.聴く層の方々の殆どはBooker T. & the M.G.'sに対して好意的だと思います。その共演の音が、Bootlegではなく、きちんとマスタリングされるのでしたら、聴きたくない人は少ないと思います。
 マーケティングリサーチをする以前の問題で、ちゃんとPRすれば売れると思います。

 何故CD・円盤が売れなくなったのか、本気で考えているんでしょうかね?
 こんなケチくさいことやっているから、情弱な団塊世代にしか売れなくなってしまったんですよ!。

AKB-fan.jpg
 AKBのCD買っている方はこういう方々みたいですねw。写真はSKE48?ですが。おじさん守備範囲外なので良く判りません。

 先日の10代のカラオケベスト20(日記カテ:最近の若者)でからも判るように、特に若い人はCDなんて買っていないと思います。
 ネットで取り込んで、携帯端末機で聴いているか、と。
 音に拘らなければ、You Tubeでいくらでも転がっていますからね。音は。

 確かに、倉庫に眠っているテープはそのままでは金食い虫で、何もしなければ経営を圧迫してしまうのは承知しています。ぞんざいな扱いをしてマスターテープ損傷!なんてことになったらファンが暴れることでしょうw。
 ただ、このようなことは随分昔から判っていたことではないか、と。今更理由にはならないか、と。
 だからといって、安易にこういう切り売り、小出し商法を続ける限り、円盤が売れない状況は改善しないと思います。

 是非とも御一考いただきたく、上奏する次第です。

 尚、C.C.R.のwiki見てびっくりしたんですが、ジョン・フォガティーも「契約」の関係で、C.C.R.時代の自分の歌が2000年代後半まで自由に歌えなかったそうですね。あまり活動していないのかな?なんて思っていたら大間違い。活動出来なかったんですね。
 これ、確かロッド・スチュワートも「契約」のせいで、Faces時代の歌歌っても・売れても1銭も入って来ないとか。
 この「契約」については、バンドあるあるのところで書こうと思います。
 C.C.R.、当時あの有名なアラン・クレインと絡んでしまったそうで(涙)。
 この人の写真、肖像権で訴えられたら面倒なので掲載しませんwww。既に鬼籍に入られ息子さんが後を継がれたそうですが、この親あってこの息子あり、らしいですからね。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック