BOSS CS-1,2&3 Compression Sustainer(比較記)

Boss_CS-2_1287.JPG
 さて、今回も地味な、縁の下の力持ちが続きます。
 今回は前回紹介したCS-1の後継機、CS-2とCS-3を比べてみました。
 CS-1の心臓部はフォトカプラー、CS-2からはVCAに変わるそうです。

BOSS BOOK.jpg
 いつものこの本にありました。
 音への追随性がかなり改善されたそうです。だそうです。あまり良く判っていません(汗)。

 まずはそれぞれの機種を紹介します。
 CS-2から行きます。
 入手経緯なんですが、良く覚えていません。高校時代です。
 多分中古で買ったはずです。
 理由は、カシオペアコピーバンドでベース弾いてましたので、指弾き&チョッパーの音量差を考えて、です。
 色々問題(音痩せ&低音痩せ)もありましたが、当時は「これしかないんだ」と開き直って使っていました。
 フュージョンバンドは結構頻繁にライブやってましたんで、かなり使いました。というか、お世話になりました。

 ではモノの紹介です。
 1981年12月に発売され、1986年6月に生産完了しています。これも4年程の「短命」だったんでしょうか?
 ただ、ヤフオクなどをみますと結構出品されているので、そこそこ出回ったのではないか、需要はあったのではないかと邪推します。
 出品数が多いのは、CS-3へ換える人が多いのではないか、と。

Boss_CS-2_1290.JPG
 ロット№は、299300です、シールです。

Boss_CS-2_1288.JPG
 裏蓋は、3rdエディションのようですね。

Boss_CS-3_1289.JPG
 続いてCS-3の紹介です。
 これも中古。ここ数年前にヤフオクで購入しました。
 購入動機は
・一応持っておいたほうがいいかな?
 それだけでしたw。
 1986年9月に、CS-2のディスコンの後発売され、現在も販売されています。
ということは、これがBOSSのコンプ&サスティナーの現時点での完成品、ということでしょうか?

Boss_CS-3_1291.JPG
 製造時期が時期なんで国産品もあるんだろうか?と思いますが、私のモノは台湾製。
 ロット№は、UP27960.です
 この裏蓋のレイアウトは拙宅にあるOD-3(紹介済み)と同じもので、比較的最近のモノではないかと邪推します。

 上記の本の情報によると、CS-2に搭載されているVCAが入手出来なくなり、新しいVCAに交換する際、思い切って作り直してしまったそうです。結果としてこちらはCS-2の欠点(音痩せ&パコーン)がかなり軽減されてます。

 それでは中を視てみます。

Boss_CS-3_1292.JPG
 これはCS-3ですが、基盤赤線のところ、いきなり段ボールの破片が。製造段階で混入したんでしょうか?

Boss_CS-2&3_1293.JPG
 右がCS-2、左がCS-3になります。
 かなり違った造りになっています。
 機械音痴の私、どれがVCAだかは判りません。すみません。

 名状しがたいCS-3のオペアンプのようなもの?を見ていきます。

Boss_CS-3_1295.JPG
 Rのマークが。BA662 302A。Roland自社製ですね。

Boss_CS-3_1297.JPG
 三菱製M5223AL。

Boss_CS-3_1299.JPG
 三菱製M5218AL

Boss_CS-3_1300.JPG
 これは同じものが2個搭載されてます。

Boss_CS-3_1298.JPG
 THAT 2159
 詳しい方、教えて頂ければ幸いです(大汗)。

 それで肝心の出音の違いです。
 先日、CSシリーズ一気に比べてみましたのでそれをレポートします。

 今回のジャッジメントですの、は。
IMG_6614.JPG
 CS-1時同様ギー子ちゃん(Squier Bullet 2006)と、

Guyatone PS-011_9419.JPG
 安定のMarshall MG-15さん、キミに決めた!


 それで最初からクライマックスです。
 まず、音の「追随性」ですが、ご想像通り
 CS-3>CS-2>CS-1
 でした。

BOSS_CS-1.2&3_1284.JPG
 続いて原音=レベルですが、
 このようなLEVELつまみになりました。
 CS-2以降、かなり改善されたようです。

 次にサスティンつまみを3時まで上げ、音の沈みの具合を試してみました。
 CS-3>CS-2>CS-1
 断然CS-3が沈みません。
 といっても、CS-3でもやはり若干沈みは感じます。それでもCS-1から比べると段違いです。技術の進歩って凄いです。

 それで「原音に対する音質の変化」、要は音痩せ&篭りの解消度ですが、
 CS-3≧CS-2>CS-1
 でした。≧を使ったのは、CS-3が「自然な音」と感じなかったんです。
 音痩せに関しては1-2-3と更新されるごとに改善されているんですが、CS-3の「低音」は、なんだかイコライザーで持ち上げたような音なんですね。痩せてしまうよりはまだ良いですが。比べてみて気付くレベルだと思います。
 勿論CS-3には1&2に無い「TONE」つまみが付いていますので、つまみ2時位でかなりブライトな音になります。この「低音痩せ」は、VCAの宿命なんでしょうか?
 尚、CS-2の「ATTACK」つまみですが、左に廻すと音が篭り、右に廻すとかなりトレブリーになります。CS-1のスイッチレバーが可変抵抗器に変わっただけ?。

BOSS_CS-1.2&3_1285.JPG
 最後に「パコンパコン」ですが、新しいもの程改善されています。CS-3も「ATTACK」つまみを上げると感じます。逆に0、左に回しきるとかなり自然な音になります。これはSG-1で実験済みです。

 結論ですが、通常使用はCS-3に軍配。CS-3の低音補正が気になる方はEQやCS-2&EQで、パコンパコン鳴らしたい方はCS-1、と結論付けます。
 この機種に関しては、現行機種に軍配が上がりました。

 CS-2もなんとか立ち位置がありましたです。が博物館収蔵品行きが決定しました。
 この機種は現行品、CS-3で十分かな、と思います。
 実際ATTACKつまみを0にすると、ライブ中の喧騒の中等では掛かっているのかいないのか判らないかもしれません。
 縁の下の力持ち系は歪み系と違って新しいものの方が良いのかな?と感じました。

 今回も最後まで拙文最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック