BOSS '80's:ACAアダプター(電圧測定記)

ACA-100_0755.JPG
 今回はこのカテで、地味ですが最も重要な内容かもしれません。

 この年代のBOSSをお持ちになるなら、まずこれを知って(持って)置かないと。ということで、ACアダプターの紹介です。
 これは「必要な為」「一応」の意味で購入しました。
 80年代のBOSS製エフェクターは、現在市販されているACアダプターで「単品」で動作させる場合、たまに動かないモノがあります。
 エフェクターの裏面に、ACA-100と記載されているものが対象です。というか、当時のほぼ全ての機種が対象になります。

 これは簡単に言いますと、当時の技術の限界が原因だったそうです。
 当時はACアタブターの製造技術・電源供給の安定性が現在程確立されておらず、結果供給される電圧が不安定だったそうで、その為、エフェクター側では、電池駆動では9Vで動くのですが、アダプター使用の場合、9V以上の電圧が掛かっても壊れないように、9V以上の電圧が来ることを前提に作られていたそうです。そのために9Vきっちりの供給電圧では機種によっては電圧不足になり、動くものもあれば、動かないものも出てきてしまうという、変な状況が出来てしまった、そうです。

 情けない話なのですが、この事を知ったのはここ数年前なんです。何かのエフェクターを単品で動かそうとして、現在のPSAアダプターを繋いだところ、なんだかLEDインジケーターの光り方が頼りない、と。
 それでネットで調べたところ、BOSSの80年代品は、ACAアダプターでないと動かないモノがある、と。

 その為ネットでは、現在の一般的な9VACアダプターで動かせる為の回路の改造方法を紹介しているサイトが沢山ありますが、私は怖くてこんな小さいハンダ付けは出来ません。又商品価値も下がってしまう気がして(イヤですね~。コレクターって)。
 急遽何とかACAアタプターを入手したところ、ちゃんと単品で動くもの、LEDインジケータの光り方が全然違うものが出てきました。

 それで製造元のBOSSの見解なんですが、公式サイトでは、チューナー(TU-2or3)・ラインセレクタ(LS-2)・ノイズサプレッサー(NF-2)などから電源を分配すれば問題ない、と。要は「買え」と。買いましたが。全て中古で(汗)。
 残念ながら、単品で動かす場合の対処法は記述がありません。
 で、詳しい方のサイトだと、他社製も含め、9V駆動のエフェクターを2個以上繋げば現在の9Vアダプターでも問題ない、との記載が多いです。
 これは私も難しいことは判らないのですが、超簡単に言うと、マイナス極を通じてエフェクター同士が電圧を共有する、らしいんですね。要は車と同じで、マイナス極がアースを兼ねて外側を走っている、と。
 もっと詳しく知りたい方は、ACAとPSAでググっていただければ、もっと詳しい説明をしてくれるサイトさんが沢山ヒットしますので、そちらで確認されて下さい(情けない)。

 ですので、単品使用の場合は問題が出てきますが、9V駆動のエフェクターを複数繋ぐことで、取り敢えず対処は出来るようです。

 ただ、単品で使いたい場合は、電池駆動、回路の改造か、このACAアダプターを使わなければならない様です。


 このACAシリーズ、

ACA-100_0755.JPG
 拙宅には3台あります。
左から
ACA-100:150mA.WAKAYAMA.Gt
ACA-100G:200mA.WAKAYANAGI.
上記国産
ACA-100T:150mA.FUAMEI E
上記のみ台湾製
 何気に台湾製があるのが興味をひきます(Roland製ですが)。
 現行品のエフェクターは殆どが台湾製ですが、PSA-100Sは中国製です。このあたりの棲み分けはどうなっているんでしょうか?


 それで、折角ですので電圧どれ位違うのか試してみました。
 今回のジャッジメントですの!は、
CX-02_0758.JPG
 拙宅のテスタ、ELPA(朝日電器(株)製、EAT-01NBを使いました。
 計測つまみは10Vです(以下全部同じ。計測時は右側3時の、黄色の10の位置につまみを置いてます)。
PSA-100S_0768.JPG
 まずPSA-100S、現行機種です。しっかり9Vを指して、動画が上げれらないのが残念なんですが、針が全く揺れません。さすがです。BOSS。
PSA-100G_0770.JPG
 1世代前のPSA-100Gです。これもしっかり9Vを指しています。針の揺れは誤差範囲だと思います。

 それではACA-100、行ってみます。

ACA-100_0764.JPG
 いきなり針振り切ってるんですがw

ACA-100G_0759.JPG
 ACA-100Gです。これも又年甲斐も無く?元気なことでwただこれだけきっちり10Vです。

ACA-100T_0762.JPG
 ACA-100T、台湾製です。これもしっかり振り切っています。

 これ、50Vで計測してみたんですが、単位が大き過ぎて細かい数値が判りませんでした。
 デジタル表記のテスタが欲しくなって来ましたw
 たった3台の計測でしたが、9V以上の電圧、しかも機種によって微妙に違う、ということがはっきり判りました。

結論:ACAアダプターは全て電圧9Vオーバーを記録しました。
 PSA用や他社9V製品には使わないほうが宜しいかと思います。

 因みにBOSSの80年代のエフェクター、ACA対応のモノの殆どは消費電流が小さいですので(何気にデジタルディレイ:DD-2はPSA表記になっています)、これ1台(150mA~200mA)で取り敢えず5~6台は繋げたようです。

 最後に、これだけ言っておいてなんですが、このBOSS'80'sで拙宅にあるモノ、いくつかは、ヤフオクで「ACアダプターで動作不可」って楽器に詳しくないリサイクルショップが出品していたものがいくつかありまして、「動作せず」の記載は他の入札者を寄せ付けず、かなり安くGET出来ました。ここで書いちゃったからもう無理でしょうかw


 今回は他人よりも先に知っておくと以外と得をする、というお話でした。


 ではでは

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック