Aria W-35K Acoustic Guitar


Aria Acoustic_0468.JPG
追記しました:20160202

 厳密にはProⅡではないですが、Ariaブランドということで。
 魔窟と化した物置部屋から引っ張り出してきたモノのうちの1本です。

 さて、拙宅唯一のアコースティックギターです。
 これは私が初めて触った、購入したギターで、私の人生、偏差値を急降下させた張本人(モノ?)でもあります。
 ま、中学3年の大事な時期に、ギターなんて始めるもんじゃないですねwどんどん成績下がってw

Aria Acoustic_0467.JPG
 当時、それくらい夢中になれて、初めて薬指にアロンアルファ塗った位、田舎だったので音気にせず、夜遅くまで勉強もせず弾きまくって(今の弾きまくるとは意味合いが違います)いました。親に何度睨まれたことか。
 また始めて2ヶ月でF、3ヶ月でB♭、それも薬指を寝かした状態で1弦を鳴らせるようになった位、当時全く机に向かいませんでしたw
 当時はアコースティックとエレクトリックの違いも判らず。一応自分の経験上、ギターはアコースティックから入った方がいいような気がしないこともありません。
 そんな、一番思い入れのある、思い出詰まったギターです。
 一緒に何度引越ししたんでしょうか?
 一昨年、久しぶりに出したら、指板にカビが・・・・・
 ただ、本体は全くヒビなどなく、結構頑丈なところを見せてくれました。

 で、案の定、ネットにあまり情報ないですね.。
 古いオクのページで、プライウッドで、オールコアとの記載が確認できただけです。
 今、スペック等荒井貿易に問い合わせ中です。
 追記:20160202:荒井貿易さんから回答をいただきました。
 結論は古いものなので、資料が残っていない、とのことでした。
 シリアルからみると製造年は1981年。
 コア材使用。合板だと思う(原文ママ)。
 価格は3万5千円
 以上を調査していただきました。
 ご担当者様、お忙しい中どうもありがとうございました。

 まず入手方法です。当時の学校の先生(軽音楽部になるんでしょうか?なんだったんでしょう?あの集団。良く覚えてなくて)が手配して下さいました。因みにこの集団のおかげで、私はその年初ステージを踏めました。
 勿論新品での入手です。2万円でした。ハードケース(といってもなんだか頼りない造りですが)付きで。それでも30年壊れていないので、良しとします。
 購入場所は当時住んでいたところにあったディスカウントショップで、部員10人くらい纏め買いで。一応安くなったらしいです。顧問の先生が交渉してくれて。
 先生、お元気にされてますかね?私は今でもギター弾いてますよ!
 それで入手は198●年の4月です。

 それでは、判るところから見て行きます。

Aria Acoustic_0470.JPG
 ペグはAriaの刻印入りです。これはメーカーによって変更可能な部品ですね。ただ、拘りがあっていいですね。
 (もしかしたら製造工場で他社の製品と間違い無く工程進める確認用の為?だとすると、発注していたメーカーによって、同じようなモデルでも差異が出てくるのは必然ですね。ジャパン・ビンテージ、奥が深いです。)
 木の模様がマホガニーっぽいです。

Aria Acoustic_0473.JPG
 まずは型番、W-35K。
 シリアル№は105327。
 35と言う数字から、定価は3万5千円だったんでしょうか?
 入手時期からして、製造時期は80年代初頭かと思われます。→回答いただき、証明出来ました。
 松本木工所(マツモク:Ariaの当時の製造拠点)が87年に閉鎖される前に購入していますので、多分マツモク製ではないかと。

Aria Acoustic_0479.JPG
 何故か内部に805251のスタンプがあります。
 シリアルナンバーと違うって、どういうことですかね?この件に関してはお返事いただけませんでした。

Aria Acoustic_0471.JPG
 指板はローズのようです。結構メが細かいです。

Aria Acoustic_0474.JPG
 表板は1枚板のようです。合板ですが。

Aria Acoustic_0469.JPG
 裏板は2枚板です。合板なのに。
 ネック接続部分のプラのところに、ストラップッピンを付けるかどうかここ数年迷っています。

Aria Acoustic_0480.JPG
 なんだかブリッジ部分が高く、弦高も高くなってしまっているんで、この弦の通る部分を削りました。ちょっと弦高が下がりましたが、エレキに慣れてしまったためか、又アコースティックはこれ1本しか持っていないため、適正な弦高が判りません。ちょっと高めな気がします。

 それで、出音ですが、昔に比べて少し篭ったかな?、と。もっと高い音が出ていたような気がするのですが。
 エレキ購入後、弾かない時の方が多かったから、余計な水分吸っちゃったのかもしれません。
 やはり楽器は常に手入れしていないと、拗ねてしまうんですかね?
 いい機会ですので、暖房の効いた、湿度の低い部屋に暫く置いておこうかと思います。
 ただ、アコースティックだけあって、それでも結構出音が大きいんですよ。
 ですので夕方7時以降は弾けません。
 引越しに着いて来てくれたといっても、貸家、マンションでは鳴らすこともままならず、持て余していました。

 先程、4弦の巻き弦がほつれて、4弦がまともに鳴らなくなりました。
 早速弦の交換に迫られてます。スペアの弦がない・・・・・・

 取り急ぎ、荒井貿易さんからお返事頂き次第、追記致します。
 →お忙しい中ご丁寧なお返事下さいまして、本当にありがとうございました。

 あともう1本、ProⅡがありますので、ご紹介は後の機会に。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック