Guyatone PS-011 DISTORTION SUSTAINER

Guyatone PS-011_9414.JPG
 当時、色々なエフェクトをまじぇまじぇ(2 in 1)にしていたGUYATONEの作品のひとつです。
 これは毎度ヤフオクwで、ジャンクで入手しました。みてくれはすごく綺麗です。尚、これも「みてくれ(ネーミング)」で、音を確かめずにポチりました。
 「動作せず」を承知で買い、自分で治せず結局いつものリペアショップにお世話になってしまいました。
 今回も笑顔で引き受けてくださいましてありがとうございました。
 ただ、修理で治ったのはいいんですが、これ、いわゆるMODモノ、かなり内部が弄られていたそうで、修理費、結構掛かりました。。。。。
 それだけの働きをしてくれるか?DISTORTION SUSTINER!

 それで、何が惹きつけたかって、そりゃもう、名の通り、歪んだ音が伸びるって言うんですよ!ギタリストなら憧れの、泣きのソロ、チョーキングした音が伸びてくれる、
nikoh_guitar_img_1.jpg
 最高じゃないですかw!!!
 追記:20160130:しかも彼、中指でチョーキングしてます。柳ジョージさんのフォロワーなんでしょうか!かなりのテクニシャンとみました(Tシャツはイタイですが)
 このギター教材がそこまで教えてくれたとは!
 (ただ、付属品の欄を良く観ると、ギターケースとストラップが付いていませんw減点ですw)
 因みに昔はこの広告結構見ましたが、このギターを買った方ってどれ位おられるんですかね?
 持ってらっしゃる方見たこと無いんですよ。
 何も知らないけいおん!ファンの素人さんに「あずにゃんモデル」って騙して以下略

Guyatone PS-011_2859.jpg
 当時、1万数千円したみたいですね(写真が小さくて読めません.尚これは他のオクの写真です)。
 って、PS-011って、前回紹介したFUZZ(PS-030)よりずっと前に発売されてるじゃんか!「思いっきり歪む」ヘビメタ用あるじゃんw
 あの楽器屋!2階のエフェクターコーナーの長髪さんよ~!!
 私が「エフェクターの前に繋ぐボリュームペダル欲しいんですが」と言った所、BOSSの「L」を勧めやがるし。「H」はキーボードさん用なんだ、なんて適当なこと言って(結局「L」買いました。で暫く知らずに使ってました)。かといって、違うところでエラくお世話になってるんで(別述)、あまり強く言えません。。。。。。
 数年前に十数年ぶりに前通ったら仏壇屋になっていて、「潰れたんかいな?」と思っていたら、移転して拡張してました。CHABOさんにストラトあげた楽器屋です。
 ま、楽器屋が悪いんじゃありません。30年前のその店員が不勉強なだけです。


 で又話が逸れました。すみません。
 修理が終わったときに、お店のMarshall(クリーントーン)で試奏させてもらい、「結構スルドイな!」という印象を持ちました。(因みにこのMarshall、プリ管のみTUBEのモノだそうです。結構いい音するんでオールチューブかと思ってました。)。

 ただ、これだけでは良さは判りません。
 他のものと比べてみないと。
 それで、早速拙宅で弾き比べてみました。
 昔GSの方が、歪み系の後にコンプ繋いでサスティン稼いでいたとのことから、この様なセッティングにしてみました。

Guyatone PS-011_9417.JPG
 当時の主流、又現在における最長生産継続記録を誇るBOSS DS-1と、ま、当時モノということでCS-2を並べて(CS-1はハンデありすぎるんで除外)、果たして差があるのか?確かめてみました。

Guyatone PS-011_9416.JPG
 勿論、BOSS側のACアダアプターはACA-100さんにお願いしてます。ハンデ無しです。

Guyatone PS-011_9419.JPG
 今回の、ジャッジメントですの!(判る方だけ以下略。ニャル子さんでもこのネタありましたね。)は、けいおん!でおなじみ、Marshall MG-15さんの、クリーントーンで比較します。

○まず基本的な音ですが、全てのつまみの位置を12時にして比べました。
GUYATONE(以下G):かなり鋭いですね。高音が出てます。ドンシャリに近いです
BOSS(以下B):鋭いですが、Gに比べると高音のヌケがちょっと弱く、中低音が前に出ます

○続いてGの売り、サスティンです。上の写真のようにwチョーキングしてみました。
G:お、結構伸びますね~
B:え?こんなもんでしたっけ?DS-1のサスティンって。
  ここでCS-2さんに参戦してもらいますが、サスティンよりコンプの機能が働き、音量ダウン。それでCS-2のLEVEL&サスティンを上げます。お!音が伸びました、が、ハウりました。微妙なツマミの位置決めが必要かと思われます。
 又繋ぎ順を変えたところ、微妙にサスティンは伸びますが、DISTがあまり暴れなくなった感じがします
G:サスティンツマミMAX。かな~り伸びます。この家庭での音量ならばハウりませんが、やはりノイジーになりますね。

 結果、GUYATONEの方がストレス無く音を伸ばせます。


 それで、折角ですので?BOSS側の現行機種と比較してみます。

Guyatone PS-011_9418.JPG
ターボモードはONで行きます。
B:ターボって、中域を上げるんですね(持ち腐れ)。今更ながら気付きました。サスティンはゲインが上がった分伸びたって感じで、G程ありません。
 ではCS-3をON。又良く働きます。音量下がりました。ATACK以外全て3時。かなり高域が補正されましたが、音よりもノイズの方が前に出ている気がします。
 これも繋ぎ順変えてみましたが、上と同じです。コンプの性能がアップしているので、音が綺麗に整列されすぎてる感じがします。

結果、このGUYATONEの音はこのエフェクターにしか出せない!と結論付けます(あくまでも私感です!)。

それで恒例の欠点です。
①サスティンつまみ:3時辺りを超えると、当時のコンプっぽいアタック直後の音の沈みが若干感じられます(その後ぐぉーんと持ち直します)。
②DISTつまみ:0にすると(することはないと思いますが)バイパス音の半分くらいのクリーントーンになります。
③この機種だけではないと思いますが、DISTつまみは9時以上に上げないと音がしょぼいです。
④サスティンつまみ:0にすると、SGのデッドポイントのような不自然な音の減少が起こります。DS-1より酷いかもしれません。

 ただ、歪み自体はどっかで聴いた音なんだよな?と。
 Marshall MG-15(トランジスタ)の歪みモードにしたら、まんまこの音じゃないですか。
 要はMarshallのアンシュミ(Amp Simulator)+COMPだったのか!と。
 Marshall好きな人が、アンプをドライブさせることが出来ない狭い会場なんかで使うのに良いかもしれません
 (現時点でBOSSのST-2:Power Stuck(Marshallのアンシュミ)持っていないので何とも言えませんが。欲しくなって来ましたw)。
 つまり、Marshallの歪みモードと、このエフェクターの相性はあまり良くないかと。
 BOSSのFATなモノの方が、Marshallに合っているのは有名ですね。
 クリーンなアンプでMarshallのような音を出すのが理想かと。アンプを歪ませた状態でONするのは???です。
 勿論、Marshallライクなこのエフェクターの前には

Guyatone PS-011_9420.JPG
 SD-1、OD-1のようなブースト系を足すと良く合います。さらにサスティンが伸びます(伸びているような気がします)が、多分音量上げるとハウると思います。
 今回は自宅でのテストですので、どの位でハウるかまでは判りませんでした。今度スタジオ入る時に、出来たら試して見ます。

 取り敢えず、修理費分のはたらきはしてくれそうです。良かった。
 入手価格が安価ならば、かなりお得かもしれません。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック