入院記②わりとヒマなオヤジの入院記




IMG_6045.JPG
さて、前回から随分空いてしまいましたが、入院時の思い出話その②を。

 今回は、入院するのに必要だ!と思ったもの一覧の紹介です。


・スマホ、モバイルツール。ケーブル長めのインナー式ヘッドフォン(TV、音は出せません。ヘッドフォン無い場合、イヤホンを買わされます。)
・本
・アイマスク・耳栓
・携帯ラジオ
・電源分岐器
・USB充電器
・3~4日分の着替え、パジャマ2種、風呂用品一式(髭剃り・歯ブラシ含む)。ティッシュ1箱
・せんたくばさみ4個位
・時計
(可能ならば)睡眠薬
・1万円位の小額現金

ではそれぞれについて書きます。
・スマホ、モバイルツール。インナー式ヘッドフォン
 スマホ中毒になっている方wは必須です。
 私はガラケー派なので、入院時のネットは諦めました。又、PCの持込に「制限」がかけられていました(モバイルカードなんか持っていません)。入院前の説明時、PC持込は病棟看護師に確認しろ、とニチイ学館の方から言われまして、結局はっきりした理由は教えてくれませんでした。電波とか、色々まずいんですかね?(i pod touchで調べたら、無線LANの電波は飛んでいませんでしたが、看護師さんは無線で繋がっているPCを回診台に乗せられてました(突然電池が切れる、PCが落ちる事が多いから困るって愚痴られてました。)。特殊な周波数が飛んでいるんでしょうかね?それにしては携帯はOKという?(病室内での会話は厳禁でした。当然!)又私は4人部屋だったんですが、PC勝手にw持ち込まれてる方もおられました。さすが団塊世代。
 私はi pod touchに詰めれるだけ深夜アニメwを詰めて、i podはSTONES、Who等詰め込めるだけ詰めて持参しました。なかなか2時間を越えるライブを一気に観る、聴く機会もないですからね。
 以上のツールの為、USB充電器は必需品です。
 又、へんな所に100V電源があったりしますので、延長コード&分配器は必須です。

・本
 文庫本20冊位持って行きました。松本清張(わるいやつらは選択ミスでしたw)からラノベ(甘城ブリリアントパーク等)までw。山本正之先生は人類の宝だみ~!w
 マンガはすぐに読めてしまうので、余程お好きなものでない限りオススメしません。場所を取るだけです。大部屋は個人のスペースに限りがあります。又売店では、週刊マンガはすぐに売切れてしまいます。ですので、余程お読みになりたい方は、お見舞いの方に外で買ってきて貰うのが良いかと思います。
 私が入院した病院では、詰所にレンタル本があり、又看護学生が「本お貸しします」と本の入ったカーゴを押しながら病棟に来て下さいました。が、100冊あるくらいの文庫本で、自分の好みは1冊だけでした。(小村寿太郎伝:吉村昭著)。
 読みたいものは、ご自身で準備されるのが良いかと思います。

 要は、これらは大事な「暇つぶしツール」なんです。
 入院時、3度の食事以外は全くすることがありません
 私は喉の内側にメスを入れたので、基本話せません。筆談も疲れます。
 必然的にこういうツールが必要になってきます。
 ならば、寝ちゃえばいいじゃないか、となるのですが、

 病棟は、昼間はナースコールが鳴りっ放しで煩いです。ナースコールは救急の場合が多いので、「煩い」っていえません。実際私も朝5時に鳴らしましたし(後述)。
 又昼寝をすると、夜に眠れなくなります
 それでも昼寝をしたい方は、
・アイマスク・耳栓
が必要になって来ます。ヘッドフォンが耳にあえば、耳栓はいらないか、と。


・携帯ラジオ

 基本、テレビは有料です。つけっ放しにしていると、1枚千円のテレビカードが1日で無くなります。又デイルームでのテレビは無料ですが、チャンネル替えられませんし、見舞い客で煩いです。
 ニュースだけなら、ラジオで十分です。女房のアイデアでした。で、ラジオ、慣れていない場合、見舞いに来た方に古新聞を持ってきてもらいましょう(新聞売ってますが、100円でも切り詰めましょう)。ラジオ欄、ニュースの時間は基本変わらないです。そこでチェックしましょう。
 私はテレビは日頃殆ど見ないので、TOPの写真のようにTVをどけてましたw

・3~4日分の着替え、パジャマ2種、風呂用品一式

 術後数日するとシャワーの許可が出ますが、それまでは身体を拭くだけですので、下着等着替えたくなります。私が入院していた病院は洗濯機・乾燥機が有料でありました。3日分位まとめて洗濯&乾燥して400円だったので、有効活用させてもらいました。
 パジャマは洗濯時に着る物がなくなるので必須です。で、パジャマはなにかと汚れます。食事の時袖が汚れたり、点滴変えるとき血が噴出して汚れたり(想定外でした)しますので、替えは必須です。尚ご存知と思いますが、血液は放っておくとシミになり、落ちなくなります。

・せんたくばさみ

 洗顔・シャワー浴びた後、バスタオルどうされます?大部屋では乾かすところがありません。わざわざ乾燥機動かすのもお金が勿体無いです。ですので、カーテンにせんたくばさみでひっかけて干してしまいましょう!。ただでさえ暖房ガンガンで空気が乾燥してますので、数時間で乾きます。
 又、ゴミ箱がない場合、タオルかけのところなどにレジ袋引っ掛けるのに使えます。なんだかサバイバル生活みたいになってきましたw
IMG_6046.JPG

・時計

 音のしないものがあると便利です。ニュースの時間など確認出来ます。

・睡眠薬

 私は持病で不眠症を持っているので、薬は持参。昼寝をしなかったこともあり、夜はお陰でぐっすり眠れました。眠れずに徘徊する方、看護師さんのお話だと結構おられるようです。

・小額現金

 なにに使うか、というと、所謂「買い食い」ですw。
 病院食、思ったほどまずくなかったのですが、如何せん病院食は量が少なすぎます
IMG_6016_.jpg
 入院日、術前には一応これだけ出ますが、

IMG_6017_.jpg
 術後は絶食が2日、やっと来たのが流動食。これが数日続きます。
 空腹に我慢できなくなります!
 つい、喉に負担のかからないプリンや豆腐を大量購入してしまいます。。。。。。

 尚、一応鍵付きの引き出しがありますが、大量の現金は持ち込まないほうが良いと思います。
 因みに入院費用は、12日で約18万円でした。1日約1万数千円です。病態によって違ってきますので、退院予定日の前々日くらいに看護師さんが教えてくれます。退院時にお迎えの方に持ってきてもらうか、病院にATMがあれば、そこで、その時に調達したほうが事故が起きずに良いかと思います。

 あと必用なモノは「入院限度額支払い免除申請書」などになりますが、とかくヒマになりがちな入院生活、日頃出来ない事、といっても限られますが、をする格好の機会とお思い下さい。私はラノベの一気読み、アニメの一気見、読んでない歴史本読破など、かなり有意義に遊ばせて貰いました。

 といっても、入院生活、順調ではありませんでした。

 次回はこのネタの最後で、お世話になった方への御礼です。

 ではでは。

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック