バンドあるある⑥コピーバンド編:1曲目が始まるまで

1653949_1457145021169617_2145809349_n.jpg 
この日、このバンドは最高の舞台を、遂に?本領発揮してくれました。
今まで自分がみたライブで、最高のライブでした。

って言われてみたいですよね。バンドマンならば。

 さて、やっとココまで来ました。
 会場も、共演バンドも決まったことにして話を進めます。

○最後の練習は、本番さながらのリハーサルを。
 曲順毎に、MC(master of ceremonies:曲間のおしゃべり)を入れて本格的に演りましょう。
 勿論録音、タイムキープ(総演奏時間)を記録することを忘れずに。
 アンコールを想定する場合は、1曲分短めにリストを作る必要があります。
 必要なことは、時間に余裕を持って選曲、セットしましょう。絶対やってはイケナイ事は、持ち時間をオーバーし、他のバンドに迷惑を掛けることです。下手すると会場から延滞料金を請求されてしまいます。
 又、自分のセッティング、撤収にどれ位時間が掛かるか、をも調べておきましょう。
 練習後、誰かの家(メンバー全員で聴ける場所ならどこでもいいです)で録音したものを全員で聴き、最終チェックをします。
この時、
・衣装
・基本的な動き(ギターソロの時はボーカル下がれwとか)など。
・曲順表をA4紙などに打ち出し、足元に置いておける様にしましょう(TOPの写真の様に、です。一流所もちゃんとやってます。たまに右側のギターの大先生が予定外のことするから止められないんですよね。このバンドのファン。又話が逸れました。すみません。)。
・又、エフェクターやギターのケーブル接続部分に、接点復活剤を塗っておくことも必要です。

○ライブ当日

集合時間厳守です。他のバンド・会場への礼儀でもあります。
・会場が空いていない場合、礼儀正しく会場を待ち、会場したらすぐに荷物が搬入出来る様、整理整頓しておきましょう。
他の共演者に、きちんと挨拶をしておきましょう。知り合いでも、社会の礼儀です。
・残りチケットや会場に支払う現金は、誰か一人が責任持って管理しましょう。

で、会場が開きました。機材搬入です。

①まず、会場の責任者さんに挨拶です。
 早速会場代現金支払い&残チケット回収を行う会場もあります。その後楽屋を案内されると思います。
gakuya_rouka.jpg
 本当にこんな楽屋があったりしますw。
 こういう楽屋では、壁への落書きは厳禁です!
 楽屋はバンドの数(人数ではない!)で広さを分け、仲良く使いましょう。
 弦楽器のハードケースを床に並べたまんまとか、無駄に場所を取る、だらしない事は止めましょう。
 勿論、他のバンドの人の楽器を触るなんて言語道断です。たまに「弾かせて」なんて言って来る奴が本当にいますから、本番前は勇気を出して断りましょう。
 昔話ですが、先輩というだけで楽屋にずかずか偉そうに入ってきて、得意になって勝手に出番前の出演者のギター弾いて、弦切った後慌てて逃げた方がいました。切られた本人は替えの弦と時間が無く、他のバンドの方にギター借りて、慣れないギターで本番していました。可哀想に。

 積める物は積み、空きスペースの確保に努めましょう。ギターは倒れると大変なことになるので、スタンドを持参した方が良いと思います。
IMG_6607.JPG
 普通のスタンドだと場所取りますが、このスタンド、置ける本数の割りに場所取らずに安価(3千円位:島村楽器)で結構重宝します。折りたためるので運搬も楽です。

②続いて、会場からこのような2枚の紙を渡されます。

setting.jpg
 セッティング表
pa_light_order.jpg
曲目表
(akimさんのページからお借りしてます。拙ブログより判りやすく説明されてます(汗)。管理人さま、転載許可ありがとうございます)。会場のスタッフはあなた達のことを全く知りません。この紙だけで判ってもらわなければなりません。
 記入する内容は以下です。
・曲のタイトル。MC入れる場所。曲順。
・曲ごとの音響さんへの注文
・曲ごとの照明さんへの注文
 これらの項目を、A4用紙の半分位のスペースに書かなければなりませんので、細かい注文は出来ない思っていたほうが良いです。
・曲のタイトル・MCいれる場所
 「誰のコピー曲」と記入すると、伝わりやすいか、と。MCは誰がやるかを記入しましょう。
・曲ごとの音響さんへの注文
 ざっくりでいいです。例えば
 「ギター(他楽器)ソロ有り。ソロ時音量上げてください」
 「曲中ソロをドラム→ベース→キーボード→ギターと廻すので、ソロ時は音量UPして下さい」
 「バラードなので、ボーカルにエコー深く掛けて下さい」
 「全体的にスネアのゲートエコー深めに」
 などのような内容で十分だと思います。
・照明さんへの注文について
 コピーバンドの場合、照明さんも曲を知っている場合が多いですので書きやすいと思います。
 「この曲はアップテンポ、赤と青中心に派手に、イントロとギターソロの時はギターにスポット。」
 「この曲はバラード、紫中心に。ギターソロがあるがスポットいらない。ギターソロ時もボーカルにスポットを。」
 「最後の曲でアップテンポ。黄色中心に派手に明るく。」
 こんな感じで良いかと思います。
 又MC担当パートの人を書き、曲間はその人にスポット当てる様に指示をだすのも必要です。

 昔話ですが、学園祭で、「曲間は暗く」って書いたら、照明全部落としたバカがいましたw。困ったことに、「自分は何でも知っている」ってタイプの奴でしたから頑固にに明かりを付けず「だって『暗くしろ』って書いてあるもん」と。始末に終えませんでした。足元どころか何も見えなくて会場大混乱でしたw。

 記入が終わったら、速やかに提出しましょう。


③やっと会場でのリハーサル(以下:リハ)開始です。

 ライブハウスの場合、ステージは狭いです。足元のケーブル等気を付けて下さい。
img20101207223509590.jpg
 けいおん!の澪みたいになるだけでなく、自分だけでなく他人の機材が壊れたりもします。

 まずは、当日の出演バンドの順番を決めてください。
 たとえばAからDまで4バンドあるとします。
 それで、出演順もAが初めでB、C,と来て、Dがラストとします。
 リハは、バンドDから初め、C、B、最後にAがやります。
 これは、最初のバンドAのセッティングを保存して本番にはいったほうが、運搬等の効率が良いからです。このことを「逆リハ」といいます。
 出演順番最後だからって遅刻していい、なんて甘い考え持っていると、全員が迷惑します。

 尚、リハは1バンド、セッティング&撤収込みで20分位だと思っていてください。
 実際演奏出来るのは10分前後ですので、1曲フルでやらず、何曲か見せ場だけの演奏になることが多いです。音響さんや照明さんから、「ここをやってくれ」って要望がある場合が多いです、又特に多いのが「ギターのかた音量下げて下さい」w。
 リハは音出し&サウンドチェックだと思ってください。もうここで練習は出来ません。
 又誰かがトラブると(音が出ない。弦が切れた)、殆どリハは出来なくなります。

ですので、

○弦楽器隊に言える事
 1.特にギターは、本番2日前位には必ず弦を新品に張り替えておきましょう。又、リハで切っても本番に間に合うように、スペアの弦は必須です。理想はサブギターを置くことです。特にアームを激しく使われる方は絶対にサブを置いておいたほうが良いと思います。本番では自分が思う以上に力んでしまいます。切ることは十分に考えられます。ステージ上で本番中に弦張り替えるよりはギター交換した方が時間を有効に使え、会場を白けさせなくてすみます。
 2.シールド(ケーブル)の予備を持っておきましょう(当日急に断線した、なんてことがまれにあります。又紛失も考えられます)。又自分のモノには印をつけておく、盗難などのトラブルが減ります。
 3.簡単なメモを持ち、リハ時のアンプのつまみ数値をメモしておきましょう。
 4.セット・撤収がし易いように、エフェクターを使う人は、必ずボードにセット・固定しておきましょう。ギターを背負いながら、ばらばらのエフェクターを持ち、更に延長コード・ケーブルを持つことは不可能です。撤収は、基本一人で一度でしなければなりません。ボードがあれば、その上に全部乗せて一度で運べます。これはマルチエフェクターを使う方も一緒です。エフェクターボードは所謂お盆のようなモノです。
 4.ベースの人、音響の人に断り無く勝手にダイレクトボックスからシールドを抜かない様にw
 5.(追記:20160119)エフェクター使う人は、ACアダプター駆動にしましょう。1個2個だからって電池にすると、エフェクターにもよりますが、電池切れ→音が出ない→最悪ハウる、ということがおこります。又アダプター用に電源100V分岐タップ、延長ケーブルを準備しておくと準備が楽です。

IMG_6609.JPG
 前回のライブの時の私のセッティングです。一応これでも咄嗟の対応は可能です。(内容に関しては、後日エフェクターのコーナーに書きます。)

 さて、又長くなりましたので、一度切ります。次回は「本番!」です。
 いつも長文お付き合い下さってありがとうございます。

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント

  • YourTuneWorks管理人 akim

    僕が作ったセッティング表をご活用いただき感謝しますm(_ _)m
    このような音楽ブログにお役に立てるとは、作った甲斐がありました。
    無断転載の一文は「転載許可済み」に修正ください。

    今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
    2016年01月18日 13:54
  • 管理人

    akim様

    わざわざお越しくださいましてありがとうございます。
    貴方の資料が無ければ、このページは作れませんでした。
    転載のご許可をいただき、心より感謝申し上げます。

    取り急ぎ御礼まで。
    乱文にて失礼致しました。

      管理人拝
    2016年01月19日 00:22

この記事へのトラックバック