ES-335TD 1979

IMG_6482.JPG
 さて、拙宅にあるGIBSONで最後の紹介になるGIBSONです。
 入手元はもちろん、ヤフオクwです。

 335は学生時代からGRECOのSUPER REAL SERIESを使っていたのですが、やはり「GIBSONが1本欲すぃ」と。予算と下記条件だけを考えてポチりました。
 ・この色(サンバースト系)
 ・無改造品
 ・古ければ尚良し

IMG_6481.JPG
 結果、タップスイッチのないタイプのこのこが拙宅に来ました。
 このギターは1オーナーモノだったようですが、前のオーナーさん、余程売りに出すのを渋られていたようで、「大事にしてたので、よろしくお願いしますね」とのメッセージが。
 ヤフオクで楽器買ってこんなこと言われたの初めてなんで、背筋を伸ばしたのを覚えています。
 確かにメンテが行き届いていて、大きなクラックもなく、ネック反りなども季節を感じさせないなど、しっかり管理されておられたようです

IMG_6484.JPG
 年式のわりに、ハードウェアが光ってます。
 それでは見ていきましょう。

IMG_6483.JPG

 シリアル№は72489044。1979年9月頃の産まれでしょうか?
 ペグはこの時代の汎用品のようですね。
 又ネックは70年代後半の335の特徴的な仕様である、メイプル・マホガニー3ピースネックで作られてます。
 写真に入りきませんでしたが、ネックボリュートもあります。
 又、NIHON GIBSONのシールは購入時よりありませんでした。

IMG_6512.JPG

 指板は赤みかかったローズウッド。

IMG_6513.JPG 

 フレットは低いタイプを何度か摺り合わせたようで、これ以上減ったら交換、って位低いです。それでも音詰まり箇所は全くありません。

IMG_6488.JPG

 それではボディーにいきます。
 ロングテノンです。

IMG_6510.JPG
 PUはDirty Fingersと聞いていたんですが、どうやら刻印ナンバードPAFのようです。それでもかなりのゲインがあり、「歪み」ます。

IMG_6489.JPG

 ブリッジはナッシュビルタイプで、ドイツ製の刻印が。

IMG_6511.JPG

 テールピースは裏筋がありますが重いです。
 それで、セミアコはサーキットいじるのは素人にとっては滅茶苦茶大変な事なので、今まで放置?していたのですが、fホールにi pod touchのカメラが入ることに気付きました。早速気分は探検隊です。

IMG_6495_.JPG

 で何枚かのうち、綺麗に撮れたのがこれです。
 コンデンサを調べたら、GOOD-ALL社製のTYPE-503S、0.05μF 400Vが載っていることが判りました。

801_1.jpg

 ネットで調べたら、この年代のGIBSONに良く付いているそうですね。
 このギター、かなり音抜けがいいな、と思っていたら、オイルコンデンサ使ってたんですね。

IMG_6496.JPG

 今は無き工場(84年閉鎖でしたっけ?)・・・・

 出音ですが、
 この年式だけかもしれませんが、本体内部、ブリッジ側のサーキット方面は全く壁がなく、開放された状態です。
 ボディもメイプルだそうで、指板のローズウッド以外は、殆どメイプルで構成されていることになり、マホガニーネックのGRECO-335に比べ、よりハリのある、抜けの良い音で鳴ってくれます。
 PUとの相性も良く、クリーンサウンドではコードストロークが綺麗に鳴ります(もちろんVolはかなり絞りますw)。ただゲインが高いので、フロントのVolを絞ってクリーンを出す場合、アンプのGAINは絞らないと、最後の最後までひずみますw
 勿論歪ませてもOK。低音弦も曇らないので、クランチモードでもいけると思います。
 結論。この年代の335は、結構ロックっぽいと思います。

 とか何とか言って、昔から連れ添ったGrecoを放置していたら、ネックが反ってしまいました。拗ねてしまったのでしょうか?トラスロッド限界まで廻しても、5フレットあたりが「くねっ」と曲がったままです。この本家を怒らせたSuper Real Seriesの音も気に入ってましたし、何より当時から残っている数少ないギターですので、何とか機嫌を直して欲しい物です。

IMG_6485.JPG

 裏も綺麗です。

IMG_6514.JPG

 ただ、経年劣化は防げません。いたるところにクラックが入ってます。
 このハードウェア、本当にクロームだけで加工されてるんでしょうか?
 周りの劣化に逆行している感じがします。

一応スペックです。
Top : Laminated Maple
Back & Rim : Laminated Maple
Neck : Maple 3pcs
Fingerboard : Rosewood
Scale : 24 3/4"
Pickup : Original Humbucker x 2
Bridge : Nashville Tune O Matic
Tailpiece : Stopbar
Tuner : Gibson Keystone
Control : 2VOL , 2TONE , 3way Sw
WEIGHT : 3.8kg(拙宅計測)

 このギター、結構オススメです。弾いていて気持ち良いです。(15くらいで入手出来るなら入手して損は無いと思います。ただこの間ヤフで30してました。)。勿論私はこんなに払っていません。
あと、フレット打ち直されてる場合がありそうですので、要確認でお願いします。

 取り敢えず、拙宅のGIBSON達はこんな感じ(どんな感じや?)です。
 お聞きになりたいことありましたら、ご遠慮なく書き込まれて下さい。
 わかる範囲でお答えします。

 では、つぎはFender Japan(スクワイヤ含む)編に行きます。

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック