SG STANDARD 1995 MODEL

IMG_6475.JPG

 さて、年始早々、ロックオンしていたギターが売れてしまい、意気消沈のまま、拙宅に1本しかないSGをご紹介します。
 このモデルについては、今更私が説明する必要もないか、と。
 そこに触れると、それだけでページが埋まってしまうので、自分のギターの紹介だけに留めて置きます。
 
 まずは拙宅に来た経緯から。
 以前、LPJを紹介しましたが、LPJはこのケースで来ました。

IMG_6476.JPGIMG_6477.JPG

 このケース、ネックを保護してくれるんで、練習の時凄く便利です。いちいち練習の度LPJ出すのも面倒なので、この際LPJ用にハードケースを買ってあげようかと、ヤクオクwでNCNRのGIBSON社製ケースを購入したんですが。。。。。

「Les Paulが入らない」

 そう、SG用だったんです。
 ただでさえギターが増えて頭に角が生えてる女房に(アンガスヤングのファンではないようです)交渉の余地が出来ました。「ケース置けるんだから、中身買ってもいいでしょ、」と。
 女房はしぶしぶOKを出してくれました(やったーっ)。
 ギターなかなか増やせない貴兄、一度はこの手、使えますぞw
 そういえばSG、今まで弾いたことないな~っと思って、にやつきながらヤフオクw見ていたら、選ばなければ結構お手軽な価格で置いてあるじゃないですか。

 そこで下記に拘わりました。
①Standardモデル(クラウンインレイが目立つw)
  (Specialはちょっとチープな感がして。お持ちの方すみません)
②ラージピックガード。
③PUはカバード。バータイプは埃が、黒のピックガードだと目だってしまうので避けました。
④色はワインレッド。
⑤アームはいらない。
⑥年式はあまり拘らない(古いほうがいいんだけど)
 殆ど「みてくれ」重視でヤフオクにロック・オン!
 何とか競りあってGET!最近のGIBSONに良く使われるソフトケースでぷちぷちに包まれ、拙宅に来てくれました。

IMG_6478.JPG

 このケース、クッションはかなり厚いんですが、ヘッドに角度の付いているGIBSON社のギターを守るには不向きだと思います。というか、コワくてこのケースで持ち運びしたくありません。

IMG_6136.JPG

 上記案件を満たし、堂々とのはずが・・・・・

IMG_2632.JPG

あ?
 ぷちぷちから出したとたん、ネックの角度が付いているところの不自然な線に目が行き、怒りに変わりました。
 「こんなのインフォになかったぞ!」。
 譲って下さったのは某個人経営のリサイクルショプ。早速クレーム入れた所、全額返金&返品と非を認めてくださいましたが、何故かネックがしっくり来てしまい、手放したくなくなりw、すったもんだの末、値引きという形で示談相成りました。
 そのショップさんは楽器は専門外だったようで、「楽器は指定の楽器店でメンテしてもらってる」と。どんなショップなんでしょう。ネック折れの修理痕を見逃すって。それともそのお店で折ってしまい、黙って修理して納品でもしたんですかね?リペアショップに持っていったら、「自分で修理したの?って聞かれる程雑なレベルです。これ。ヘッドのつき板は明らかに万力かなんかで圧した痕が残ってますし。楽器が可哀想です。ともかく「その店は止めた方がいい」とナマイキ承知でお伝えさせていただきました。
 皆さんもリサイクルショップなど専門店以外の通販で楽器を購入される場合は、取引前に根掘り葉掘り聞いた方が結果として面倒事抱えなくて、気持ちよくお取引できると思いますよ。
 雑な修理に腹を立てましたが、弦のテンションがかなり弱かったので、この程度の修理でもいけるかな、傷口開かないかな、と納得しましたです。

 逸れまくってますので、早速見ていきますね。
 上の写真で見づらいかと思いますが、シリアル№90585543。1995年モノです。
 他のペグを付けていた痕が判ります(これは事前インフォにありました)。

IMG_6138.JPG

 指板は、以前紹介したLes Paul2003モデルと同じ模様・材質の木の様です。
 Les Paul2003よりも表面が磨かれてます。

IMG_6137.JPG
写真
 フレットは高いタイプです。尚、淵はしっかり仕上げられてます。
 ネックはLes Paulに比べて更に平たいです。

IMG_6141.JPG

 SGってロングテノンだったんですか?他のモデル持っていなんで判りませんが、このモデルはロングテノンのようです。

IMG_6143.JPG

 PUは490R&498Tのようです(根拠:みてくれw一応GIBSON社の刻印有り)。

IMG_6140.JPG

 ブリッジはGIBSON純正、テールピースは重いです。

IMG_6145.JPG

 導電塗料が申し訳程度に塗られていますが、前のオーナーさんが塗られたのでしょうか?
 ポッドはCTSで、13794~と打刻されてますので、交換はされていないと思います。
 それにしてもコンデンサ小さいですね。
 このブログ、いい機会ですので、今までのGIBSONのコンデンサ、見直してみようかと思っています。

IMG_6139.JPG

 写真が下手で申し訳ないんですが、マホガニーボディーは2枚の板を中央部で接着しています。単板ではありません。
 出音ですが、ボディーが小さい為か、Les Paulに比べてちょっとゲインが低い感じがします。勿論違う楽器ですので、一概には比べられませんが。Firebrandよりは高音が出ます。これは塗装の為かもしれません。尚Marshall(MG-15)との相性は良いみたいです。

 それで、所謂SGの宿命!デッドポイント(音が詰まるフレット)ですが、
・3弦9フレット
・3弦12フレット
・1・2・3弦22フレット
で音が不自然に途切れます。SGって22フレットのプレイヤビリティが売りだと思うんですがw
 このギターの宿命だと思って、指を鍛えなければ!
 実際、数本あれば、色々比較出来るんでしょうが、予算も、置くところもありませんのでこんな中途半端な内容になってしまってすみません。

 楽器にばかり文句を言わず、ダックウォークやウインドミル奏法出来る様、自分のエクササイズをしなきゃ、と思う今日この頃です。

最後にスペックです。
ボディー:マホガニー
ネック:マホガニー
指板:ローズウッド
PU:GIBSON 490R&498T
重量:3.3kg(拙宅計測)

IMG_6147.JPG

 レギュラー製品ですが、産まれてからさすがに20年経つと、クラックが入り始めています。

 次回は、GIBSON、拙宅の最後の1本を紹介します。

ではでは。

まっだまっだつづっくよ~


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック