The PAUL 1980 FireBrand

IMG_5776.JPG

 いきなりピンボケですみません。
 今日は何故かピンボケ写真だらけです・・・・

 ブログを始めるにあたって愛機の資料を整理しているんですが、ヤフオクでのギターなんかの購入履歴を調べようと評価欄を眺めてみたら、評価くれない人、IDが削除されてる人が結構いることに気付きました。
 基本的に自分は必ず評価をするので、売っておいて評価を返してくれない人ってどうか、と思うんですが。そんなに取引方法荒いんですかね?ワタシ。基本、送料返信いただいた即日に送金手続きしているんですが。
 本題から外れますので、この話題は別の機会に。

 それで間違えてました。ヤフで初めて買ったギター。

Gibson_LP-FB_1004.JPG

 これ、3本目でした。すみません。
 一時期一挙に購入したので、記憶が曖昧になってしまってるみたいです。。。。。。。

 とりあえずご紹介します。GIBSON The Paul 1980 Firebrand。所謂当時のステューデントモデルです。
 80年前後に数年しか製造されなかったそうですね。
 このGIBSONロゴが焼印なのが通常ラインのモノと違う感じでいい雰囲気出してます。
 尚このギターは1980年製です。

 で、依然「RCのCHABOさんが使ってた」って書いたのですが、トラスロッドカバーは同じみたいなんだけど、焼印が無い?
(写真勝手に使ってすみません)
 どうやら×マホガニーボディー ○初期のモノ(The Paul)は焼印じゃなく、印刷・ステッカーだと・・・・

RC_CHABO_Firebrand_3.jpgIMG_5781.JPG

 このギターは他のモデルに対して安価だったためか改造が流行ったらしく、現存するモノは手を加えられていないオリジナルの方が少ないそうですね(オリジナルの方が高額で取引されてるようですね)。
 私が所持しているものも2箇所改造されてます。
 まず、ブリッジ側のピックアップが、ディマジオ(型番不明:出品者説明による)に変えられてます。

IMG_5777.JPG

 フロントはオリジナルのTボビンのままです。
 それで、当初拙宅に来たときにはヤニとかでべたついてたので掃除兼ねてオーバーホールしたところ、ブリッジ側のトーンポッドが何だか変なことに気付きました。

IMG_5785.JPG

 シングル-ハム切替ポッド(押す&引っ張るタイプ)だったんですね。ヤフオクでの製品説明にはなかったのでびっくりしました。
 改造箇所はこの2箇所だけのようです。
 ネック側は相変らず丸いコンデンサーです。
 しかもブリッジ側の方はコンデンサーがない?!

 当初はTボビンを探してオリジナルに戻そうと考えていたんですが、実際弾いてみて、元のオーナーさんが改造された理由がなんとなくわかりました。
 このギター、ネックとボディーがウォルナットなんですが、ブリッジ側のPUでも音がちょっとまるいんですよね。
 ハムだと、ボリューム絞らないとコードカッティングは音が団子状態に。
 シングルモードだと、それがかなり軽減されるんですよ。
 なるほど、って感じです。ちょっと「もうけもん!」って感じでした。
 自分じゃコワくてGIBSONの改造なんぞ出来ませんから。
 ちなみにフロントのオリジナルPUはトーンしぼると、サンハウスの「だんだん」のイントロの音になります。思いっきりこもります。
 リアPUのオリジナル、Tボビンを乗せているモノと弾き比べてみたいですね。人前では嫌ですが。ということは無理、ですねぇ。。。。。。

 それにしてもこのギター、色々不思議なんですよね。
 勿論自分の勉強・知識不足もありますが。。。。
 まず、80年製なので、当時流行り?のボリュートがあります。

IMG_5789.JPGIMG_5788.JPG

 ペグはGIBSONオリジナル。
 シリアルは見えにくいですが80790660
 上の電装系の写真にもありますが、1980年3月10日製のようです。

 写真がなくて恐縮ですが、フレットは摺り合わせたようで、低めのフレットです。
 ネックはレギュラーに比べ気持ち若干細め。女房曰く、私のギターで一番弾きやすいそうです。
 それで、当時は黒檀の入手が容易だったんでしょうか?
 ポジションマークがDOTなので、Custom Black Beautyよりも指板の黒さが自己主張しています(一番上の写真を参考にされてください)。

IMG_5787.JPG


 ネックは3ピースサンドウィッチ構造。

IMG_5786.JPGIMG_5791.JPG

 ボディーもスルーネック構造の様に上下3枚に接着されています。
 勿論これはスルーネックじゃありません。セットネックです。

IMG_5780.JPG

 ネック接着部分はこのような感じです。
 このナナメの木目の違いは何なんでしょうか?
 又、律儀にPUの製造年月日が書かれているのはGIBSONらしくなく?驚きです。

IMG_5790.JPG

 横から見ても上下板貼り付けた様子がみえないので、どうやって配線穴空けたんでしょうかね?
 中央の木の穴あけて、両サイド貼り付けたんですかね?

GibsonThePaulTheSG.jpg

 当時の広告です。
 SGもあったみたいですね。
 このギター、かなり弾きやすいので、一時期こればかり弾いていました。
 又、新しいエフェクターやアンプのテストギターにも使ってました。
 ハムとシングルの音が一度に試せますからね。
 見た目も渋いし、軽いし、メイプルトップに比べてちょっとハイ落ちすることを除けば、逆にぶっとい音作るならば普通のLes Paulよりも暴れた音が作れそうです。
 安価ならば、「買い!」のギターだと思います。オススメです。
 けど、どこがどのように改造されているか確かめてから購入を考えて下さいね。
 勿論、ステューデントモデルといっても、最近の「LPJ」なんかとは全然違いますから。これ。

 ところで、これの本体、本当にウォルナットなんでしょうか?
 ちょっと汚れすぎている気が。
 ウォルナットに黒い斑点なんて出るんでしょうか?

 ではでは

 まっだまっだつづっくよ~

この記事へのコメント

  • はじめまして

    ヒスコレのBBとthe paul、僕が所有しているラインナップとおんなじで思わずコメントしてしまいました。
    僕もヤフオクにてthe paulを購入したのですが、pickupがTトップのなんと「アリアプロ2」製でした。
    オクの画像を見てTトップだったので購入を決めたのですが、手元に届いて
    早速PICKUPの裏側を見てみると「S」の刻印。ただ一文字だけ「S」
    なんかおかしいと思いネットで調べ尽くすとわかったのです。
    70年〜80年代のアリアにそういうタイプがあったことが..
    でも本体はこちらでも書かれてる通りとてもしっかりした造りで扱いやすいギターだなぁと感じています。
    PICKUPを載せ換えていろいろ試してみようと思ってます。
    ちなみに僕のヒスコレBBは02年製のものです。ちょうどPICKUPが57クラシックからバーストバッカーに変わった時期で、テールピースはアルミ製に仕様が変わっています。
    BBのフレットを低く削られたとのこと、僕もまったく同感です。
    どうしてこうなった?というくらいBBのフレット、背が高いと思いました。フレットレスワンダーは低いはずでは?と今でも疑問です。
    記事、とてもおもしろく読んでいます。V
    2016年09月06日 11:44
  • 管理人

    はじめましてさん

     こちらこそはじめまして。
     又返信遅れてすみません。更新サボってました。。。。

     さて、この珍しいギターをお持ちになられたご動機、お手すきの時にでも教えていただけると嬉しいです。
     何せ情報の少ないギターですからね。

     P.U.の件、前のオーナーさんのある意味物凄いこだわり?を感じます。
     アリプロは個人的に好きなんですが。ギブソンに載せるのって?と自分なら勇気無いです。
     余程出音・相性が良いんでしょうか?

     それでBB、02年モデルをお持ちとのこと。しかもアルミ。どんな音がするんでしょう?
     又02年モデルもジャンボフレットとのご情報、ありがとうございます。
     拙宅のモノはフレット大きいから、安心して?摺り合わせ出せたというのが本音です。
     それで今度はナットがイカレ始めて(3弦が沈み始めて)ます。ほんとにもう・・・・

     最近は小物ばかり購入しており、未だBBのテールピース交換出来ずにいます。
     先日は黒蜂さん(誤差線白)を1個だけ購入したり・・・・・

     マジメに更新しますので、お付き合い頂けます様お願いします。

      管理人拝
    2016年09月07日 20:52
  • mugcup

    the paulの購入動機なのですが.. 実はオクの画像を見て「やった、T-topが二つも!」という邪な理由からなのです
    なので届いた現物がアリアのものだったことが判明したときは正直ショックを隠せませんでした
    動悸が不純だったので罰が当たったのでしょう
    ここに画像をあげているのですが
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11155279326
    前オーナーもしくは前々オーナーが交換したとすれば、きっと確信犯だと思います
    the paulのピックアップがデフォルトでT-topということを知ってのことでしょう
    しかし、いまでは貴重なエボニー指板に、あまり見ることの無いウォルナットボディは
    これはこれで可愛いギターだなぁと感じてます

    またブラックビューティーのことも書かせてください
    お返事ありがとうございます
    2016年09月08日 17:41
  • 管理人

    mugcupさん

     重ねて返信遅れた事をお詫びします。

     それで画像拝見しました。
     確かにPICK UPに「T」が付いていれば、Gibson知っている方ならば「おや(ニヤリ)」と思いますよね。
     出品者が知らなかった可能性もあるとはいえ災難でしたね・・・・・
     それにしてもアリプロ、露骨なことしますね~。

     実際に、今Tボビンって結構するみたいですね。
    というか、他のページでも書かせていただいたんですが、ここ数年、山野が代理店降りてからのGibsonは、どうでもいい中古でも高い、と感じています。

     それにともなって中古品もパーツも高騰してますね。

     私のこのギターも、リアが改造されてディマジオです。
     Tボビンと当時モノのCTSポッドに戻そうかと愚考していたのですが、長い間検討中が続いています。

     mugcupさんの仰るとおり、開き直って改造するギターとして位置づけてしまうのも一考かもしれませんね。

     といいつつ、LPJのパーツやら純正で購入している奴がここにいます(汗)。

     取り敢えず、買ったものでも順次UPしていきますので、宜しくお願いします。

       管理人拝
    2016年09月12日 20:52

この記事へのトラックバック