BOSS 80's

 さて、のっけから逸れて申し訳ないのですが、英国の71歳のフロントマン達、日本公演より動いてるじゃないですか! ましてやShe's A Rainbowとは!セットリストから新曲無くなっちゃったじゃないですか?これじゃナツメロ以下略 それにしても南米の盛り上がり方は凄いですね。一度あんなステージ立ってみたいです。  さて、打って変わって私の体調はサイアクで、昨日は白血球が大暴れしてくれたようで、…

続きを読む

風邪ひきました

 朝から7度、昼越えたら37度8分。 まさか、インフルエンザでは?と近医に受診。 取り敢えず「本日」は陰性でしたが、明日もう一日様子をみるように、とことでした。  ですので今日、ブログはお休みさせていただきます。 折角来てくださった方、本当に申し訳ありません。  ではでは。  まっだまっだつづっくよ~

続きを読む

バンドあるある⑨コピーバンド編:2度目のライブ。レパートリーを増やす!

 これはコピバンではありません。プロのバンドです。 西ヶ谷さん、勝手に使ってすみません。猫よ、君も見たか。http://nishi-gen.jugem.jp/?mode=comment&act=captcha 「古くからの、オイラの、ダチさ♪」、です。 宜しければ訪れてみて下さい。 さて、メンバーが決まったのは大きいです。 どんどん精力的に活動していきましょう。 それで、次のライブに…

続きを読む

私説:Keith Richards Open G考 中編:鳴らしてみた

 ネットで拾ったのですが、ホンモノ、なんでしょうか? すみません。又長くなるので(汗)、勝手に中編を作りました。  まず、前編で触れましたが、Keithの5弦Teleなんですが、PUセレクターは全てリア(ブリッジ側)にあり、何故フロントにハムを載せているのに使わないのか不思議でした。  それで今までは写真通り、リアPUで音を作っていました。  雑な写真ですみません。 BOSSのPW-2(中…

続きを読む

FERNANDES PIE-Zo 1993or94? BROWN SUN BURST

 それでは、Zo-3ついでに、Bassの方も紹介します。(今回も長文になってしまいましてすみません) PIEZO PU付き、所謂PIE-Zo(ピエゾー)です。  色はブラウンサンバーストです。昔持ってました。この色のスクワイヤ。  肩ストラップの付いたソフトケース付き。 まず、このPIE-Zoさんは、1991年から製造が開始され、1994年にスピーカーにカバーがビス止めで着きました。 現在は…

続きを読む

FERNANDES Zo-3 RED 1992or93?

 やはり戦隊モノのリーダーは赤かと(意味不明)。 ある意味、世界で最も有名な我が国発(製造ではないです)のギター、Zo-3を紹介します(wikiによると、90年の発売以来、出荷総台数35万「頭」だそうですw)。  もともと、携帯ギター?、拙宅にはすでにGITALELEさんが居座ってましたので、彼の居場所は無いはずだったんですが。 ギー子(Squier BULLET)ちゃんを買ったハドオフを…

続きを読む

同じエフェクター:前編

 さて、冒頭から本題から逸れてしまいますが、本日(2月3日)から、英国の、4人になってしまって久しいお爺さんバンドの南米ツアーが始まります! 初日はチリ。千秋楽は3月17日のメキシコです。 経済があまり上手くいっていない国々を廻るみたいですが、それでもあの法外な額のチケット、結構売れているみたいで。 今はネットで見れる、便利な時代になりましたね。その分、こちらも用心していないと、「残りもう少し」…

続きを読む

私説:Keith Richards Open G考 前編:事実確認

 ご注意!:今回はタイトル通りとてもニッチで、かなりマニアな内容です。  入院中、松本清張を読みまくったせいか?仰々しいタイトルになってしまいましたが、要はkeithの音作りを考えてみよう!出来るだけ安易に同じ音(近い音)を出してみよう!というだけです。 手元にある機材や映像などを使い、何とかやってみます。  Keithと言えば、Open G。5弦ギターが有名ですね。 今回はこの、最近のKe…

続きを読む

Aria W-35K Acoustic Guitar

追記しました:20160202  厳密にはProⅡではないですが、Ariaブランドということで。 魔窟と化した物置部屋から引っ張り出してきたモノのうちの1本です。  さて、拙宅唯一のアコースティックギターです。 これは私が初めて触った、購入したギターで、私の人生、偏差値を急降下させた張本人(モノ?)でもあります。 ま、中学3年の大事な時期に、ギターなんて始めるもんじゃないですねwどんどん…

続きを読む